天守物語

歌舞伎ファンのHさんとエミリーさんと3人で歌舞伎座に行ってきました。

歌舞伎座の取り壊しまで300日を切りました。
c0125702_0123845.jpg


さよなら公演が始まってからは、チケットを取るのも一苦労。
Hさんありがとう!

一幕を鑑賞する当日券売り場も黒山の人で、連日大盛況のようです。

7月の公演は玉三郎さん演出の泉鏡花ワールドが2作品。

昼の「海神別荘」も見てみたいですが、今回はHさんの判断で夜の部を鑑賞することになりました。
c0125702_0222495.jpg



c0125702_051104.jpg



「夏祭浪花花鑑」

楽しい夏祭りのお話を想像したのですが、内容は元禄年間に起こった殺人事件の話です。
歌舞伎では結構殺人事件が演じられます.
人情話は昔から人気があったようです。
義理の為、恩に報いる為にいろいろな出来事が起こります。


海老蔵さんが団七を演じました。
始め髪や髭がボウボウの囚人姿で出てきます。
放免になると、一転して颯爽とした姿になるところが見どころのようで、さすが!!
海老様ファンがほれぼれする美しい姿に変わります。


中村獅堂さんとの掛け合いが息が合って喧嘩のシーンも踊りのように優雅でした。
勘太郎さんが女形で頑張りました。

c0125702_0501469.jpg


最後は舅殺しの場面ですが、見栄を切りながら見せ場は続きますが、何でこんな変な筋書きなのかはわかりませんでした。
(Hさん曰く、あまり深く考えなくて良い)

確かに、歌舞伎は話の矛盾や変なストーリーの物も多いですが、衣装の美しさ、所作の見事さ、鳴り物や浄瑠璃の面白さで舞台に引き込まれていきます。


「夏祭り浪花鏡」は勘三郎さんがニューヨークで公演して大評判だった演目です。




「天守物語」

玉三郎さんが泉鏡花作品を続ける事について次のように書かれています。

 「泉鏡花先生の作品は、なにか水浴びをしたような清々しい感覚を味わえます。先生の言葉を口にしながら幕が閉まると、肉体的には疲れていても、自分の気持ちが浄化されるような感覚があります。その清涼感が毎回あるので、続けていられるのだと思います。」


姫路城の天守閣に住む魔物の富姫は、妹分の亀姫を招いて宴を開いていた。図書之助は城主に命じられて天守の探索に来るが、富姫と恋に落ちる。

c0125702_143563.jpg




富姫は玉三郎、図書之助が海老蔵、亀姫が勘太郎という配役です。

泉鏡花の言葉の美しさを玉三郎さんならではのセリフで聞かせます。

富姫の知的で妖しい魅力。
本物の妖怪のようです(失礼)
衣装もセリフも素晴らしい!!


凛々しさと弱さの同居する図書之助。
さすが団十郎になられる方です!

美しく清々しい2人の魅力で見せます。

シンプルな舞台で、錦絵のような役者陣がよ映えます。
すご~~く綺麗です!!


最後は拍手が鳴りやまず、カーテンコール(歌舞伎座なので緞帳コール?)
毎月、歌舞伎座に行っているHさんも初めてのことだそうです。
驚き、感激していました。


現代の演劇とは異なる「歌舞伎」は伝統の力、様式美、シンプルな美しさ、日本語の美しさ、着物の美しさ、心の美しさ・・・・

「日本の美」の再発見。


夢のような一時でした。
by chiwakomacrobi | 2009-07-07 23:23 | 日常の出来事


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧