カテゴリ:紫峰の森・ピース&ヘルス( 33 )

血糖値を下げるホルモンはたった一つ

今日は、つくばの 紫峰の森クリニックの「ピース&ヘルス食養講座」 でした。


田中先生のお話は血糖値について。


c0125702_2123086.jpg




人類が誕生して以来、人の歴史は飢えとの戦いでした。


人は生きる為によく動き、ずっと、食うや食わずやの飢餓状態の生活を続けてきましたのです。

人の体は少ない食物で生きて行けるシステムが出来上がりました。


余分な食べ物はすぐに脂肪として蓄え、飢えや寒さに備えているのです。





先日、7期生のkiyoさんがご自分のDNAを調べました。

「私のDNAは飢えた時の情報を持っていましたので、飢えに強い事がわかりました!」
・・・と言うことは、ちょっと食べ過ぎればすぐに太る!!

「良かった! マクロビオティックに出合って。」


「マクロビオティックの食事じゃないとだめですね!」




血糖を下げるホルモンは、膵臓から分泌されるインスリンしかないのです。


「飽食の時代」は人の歴史の中では初めての経験。

現代人は好きな物を好きなだけ食べて・・・そして働かず、歩かずで運動不足となっています。


鶏肉、卵、チーズ、ベークドしたお菓子などなどを食べすぎると膵臓が硬くなって、次第にインスリンが出にくくなります。


20年前の私の状態です。

低血糖症!!





血糖値をあげるホルモンは4つもあるそうです。

グルカゴン、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾール。


飢餓状態(低血糖の状態)が多かったので、血糖値を上げるホルモンがよく発達したようです。




グルカゴンは膵臓から。

アドレナリンとノルアドレナリンは交感神経節から出るそうです。



アドレナリンは緊張

ノルアドレナリンは不安と恐怖


ストレスの多い現代社会では血糖値を上げるホルモンが過剰~~になるはず!!



慌てて膵臓からインスリンを出そうとしても、膵臓はカチカチ


 スイーツ、スイーツ、スイーツ

アイスクリーム、チョコレート、お砂糖がたっぷりのケーキ、清涼飲料水、ジュース、コーヒーー・・・・・・

低血糖症から糖尿病へまっしぐら。






もう一つの血糖値を上げるホルモン「コルチゾール」は副腎から出るそうです。

炎症を抑えるために、ステロイド系のお薬(人口的なコルチゾール)で治療を続けると、血圧や血糖値が高くなるはずです。


今日の先生のお話を伺いながら、糖尿病の原因のパズルがつながってきました。



人の食べ物は穀類を中心に、

少食多噛 が一番と確信を持ちました。




今、食べ物を食べられる事に  感謝!!

「有り難い」という事なのですね。





今回のデモストでは 粟(あわ)のカスタード  を作りました。



膵臓に優しい粟、甘みは米あめです。



c0125702_21222364.jpg






雑穀を食べるのが初めての方にも、美味しく召し上がっていただけました。




ご参加ありがとうございました!
by chiwakomacrobi | 2010-09-15 21:36 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

暑い日は淡雪羹

今日も猛暑!!


紫峰の森クリニックの「ピース&ヘルス食養講座でつくばに行って来ました。

森に囲まれたクリニックは涼しそうに見えますが・・・今日は暑かった!!



そこで今日のマクロビオティック講座は「淡雪羹」です。


c0125702_22383925.jpg




棒寒天・・・・1本(又は粉寒天4グラム)

水・・・・2カップ

自然塩・・・・少々

絹ごし豆腐・・・・1丁


・水に寒天を溶かし、よく煮ます。
・塩と豆腐を入れて、泡立て器で豆腐を崩します。
・冷やして食べまます。
・固まったら切り分けて、器に盛り、だし汁をはり食します。

※密をかけるとデザートになります。
by chiwakomacrobi | 2010-07-21 22:46 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

葛餅と葛の効用

今日は紫峰の森クリニック
 ピース&ヘルス食養講座 でした。


クリニックは森に囲まれています。

c0125702_19212649.jpg




今日のマクロビオティック講座は 葛餅


葛を使った本物の葛餅。

米あめとメープルシロップと梅酢とクルミ、黒蜜のような濃厚な蜜をかけました。

c0125702_19243419.jpg




葛はマクロビオティックのお手当でも良く使われます。

風邪の時、下痢の時の飲み物で、身体を温めます。


風邪薬の葛根湯(葛の根)も昔からの漢方薬ですね。






クリニックの前の森にも野生の葛がたくさんあります。




c0125702_19214929.jpg


驚くほどの繁殖力!

c0125702_19313052.jpg





田中先生の講義も「葛」に関係のあるお話でした。

人間の腸は大地


特に小腸は食べ物をねかしておくところで、酵素の力で消化・吸収します。

小腸が冷えていると消化・吸収が出来ずに代謝が落ちて「冷え性」になります。



親から授かった「先天の精(精気)」・・・腎

生まれてからは「後天の精」・・・脾



「後天の精」のは消化器の事で、食べ物に大きく影響されます。


脾(消化)は再調理の働きと同じ。

冷たいと調理は出来ません。



お腹が冷えるとどうなるのか??


・・・・意志が弱くなる



心療内科のドクターは「不登校の子供もお腹を温めたら、学校に行けますよ」




食物を正しくし、良く歩き、足のマッサージ

脳も活性化され元気に学校に行けるそうです。


「葛」を食べ「枇杷葉温圧」をするとより効果的ですね。




日常の暮らしや考え方で健康になったり、不健康になったり・・・・・


簡単な事を実行するだけで、健康と幸せがやってきます。

by chiwakomacrobi | 2010-06-16 19:51 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

見える自分と見えない自分

紫峰の森クリニックは統合医療のクリニックで、院長の田中先生はクシマクロのリーダーでもあります。



クリニックでは西洋医学だけではなく、東洋医学、鍼灸、アーユルヴェーター、マクロビオティックなど生命全体に働きかけ『個人の意識に通ずる診療』をめざし、様々な取り組みをしています。


私もピース&ヘルス食養講座を担当させていただいています。




今月の料理デモスト 「蓮根ボールの米あめソース和え」



米あめは火を止めてから加えると甘く、照りが出て美味しくなります。

c0125702_20325971.jpg



試食しながらマクロビオティックの基本の食べ方や、主食と副食、炭水化物と蛋白質の割合などのお話をさせていただきました。




田中先生はシュタイナー医学について。


身体(ボディ)心(マインド)と霊魂(スピリッツ)関係は?


身体と心は見える自分

霊魂は見えない自分





霊的、魂的自分が「身体や心」をコントロールしているようです。



起きている間(昼間)は異化作用・・・破壊・・脳神経優位

寝ている間(夜)は同化作用・・・・・再生・・代謝優位


破壊と再生のバランスが悪くなると病気になるのではないでしょうか。


夜に寝ないと病気になります!


太りすぎたり、痩せすぎたりするのも、この作用のアンバランスから起こるのだと納得しました。




心と身体を健康に保つためにも、食のバランスは大切です。


ただ、食を物質的な物ととらえずに、食も霊的な物ととらえる事が大切です。



どんな気持ちで作ったのか?

どんな人が作ったのか?

どんな思いを持っているのか?





アフコさんが作ってくださる玄米や、昨日届いたパンなどが良い例です。

噛みしめるとありがたく、感謝の気持ちがわいてきます。





見えるものと見えないもの。



見える自分(身体と心)と見えない自分(霊魂)



どちらも大切なもの


両方あって自分です。





人間を霊的なものととらえ、その霊性を治療に取り入れている田中先生は、学び続け進化し続けていらっしゃいます。


「わたしたちは食べ物の背後に存在する霊的なものも、一緒に食べているのです」



マクロビオティックを学ぶ意味がここにありそうですね。
by chiwakomacrobi | 2010-05-19 21:27 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

春は排毒の季節

今日の紫峰の森クリニックの 「ピース&ヘルス食養講座」 は
おめでとう
を炊きました。



「おめでとう」は玄米の小豆粥のことです。

玄米を煎ってから作るお粥は、身体を温めてくれます。

c0125702_2052289.jpg

小豆を加えることで、便秘を改善したり利尿作用、浄血作用も期待できます。

小豆は排毒や解毒にも使われ、最近はゲルマニウムが含まれていることがわかりました。


「玄米の小豆粥」を食べるうちに、いろいろな症状が改善されることから、桜澤先生が「おめでとう」と名付けられたようです。


ごま塩をかけていただきます。

c0125702_20524511.jpg




ご参加の6名の方との試食タイムです。

c0125702_20545457.jpg





今日の田中先生のお話は「春に多い症状」について

めまい、頭痛、肩こり、高血圧、目の充血、パニック障害、うつ症状・・・・
病院の外来は大忙しの様子でした。



春は上昇のエネルギーの季節です。

症状も身体の上部に出ます。

春は今まで食べてきた陰性の物が身体の上部に上昇してきます。

砂糖、クリーム、果物、チョコレート、油、熱帯性の野菜や果物などなど・・・・・


今出回っているトマト、キュウリ、ピーマンなどはハウス栽培の野菜です。
夏の野菜を食べると・・・・冷えます(当然です!!)



自律神経のバランスが崩れる理由の一つは食べ物ですが、呼吸も大きく影響するようです。

いつも緊張して頭だけ使っている人は、呼吸が浅くなります。

すなわち、身体の上部だけ使う人(陰のエネルギーが多い)は交感神経が優位になってしまうのです。




やらなくては・・・・
頑張らなくては・・・・
人に負けられない・・・・・

頭でっかちの今の競争時代はパニック障害やうつ病がこれからも増え続けていくことでしょう。





田中先生のお話を伺いながら、いろいろと考えてみました。

・呼吸法を実践
・食物・・・マクロビオティックの食事法(穀類中心)
・暮らし方・・・身体の下部を使う(良く歩くなど)
・考え方・・・・五臓と心は密接な関係(食養やお手当)




何を選び、何を食べるか・・・・

冷凍食品やレトルト食品、電子レンジ・・便利だけれども不自然!!!


私たちのいただく物に命が宿っているか?

生きているのか?

現代の栄養学では生命のことはわからない。

栄養ではなく生命のエネルギーをいただきましょう。



炊きたてのご飯!

作りたての味噌汁!



感謝を込めていただきましょう!!




※次回は5月12日(水)と5月19日(水)14時~16時です。
by chiwakomacrobi | 2010-04-21 21:47 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

桜餅は春の香り

峰の森クリニックに春の香りが漂いました。

今日の「ピース&ヘルス食養講座」

桜餅作りです。



c0125702_2175656.jpg


皮の作り方

玄米粉と白玉粉に地粉と少量の塩を水で溶き、しばらくねかせます。

紅麹を水で溶いて加え、ピンク色にしました。

ホットプレートを使って焦がさないように両面を焼きます(160度くらい)




あんこの作り方

小豆に昆布を加えて煮て、柔らかくなったら刻んだレーズンを加えて良く練り上げます。

最後に塩と米あめを加えて味を整え、冷ましてから丸めます。




桜の葉


塩漬けの桜の葉は塩抜きしてから使います。
あまり抜きすぎると香りも抜けてしまいますので注意!


美味しく綺麗に出来上がりました!


c0125702_2191967.jpg






渋いお茶をいただきながら、Dr.田中のお話を伺いました。

今日はマクロビオティックの基本の考え方
陰陽と五行


c0125702_2114637.jpg




陰性過多(砂糖、清涼飲料水など)・・・広がれば広がるほど・・・不安
陽性過多(塩、ベークド、肉、魚など)・・重くなり地上的な力・・・物質的

陰と陽のバランスをとり、なるべく中間(中庸)でいられるように生活する。

マクロビオティックの食事法で「食による陰陽のバランス」をとると大変良いでしょう。


食べて自分がどう変化するか?
自分で気づく事で健康が保たれます。




五行は五臓

宇宙が出来て何十億年もたって、人類が出てきた。

星が出来てから私たちが造られた、という当たり前の事を忘れてしまいがちです。


先生のお話を伺うと、五行がすっと理解できるでしょう。


是非、ご参加ください!!





4月のピース&ヘルス食養講座 
          

   7日(水)14時~    紫峰の森クリニックスタッフによるスイーツ講座

  21日(水)14時~    大久保地和子の食養講座


               どちらも参加費は1500円です。



お申し込みは紫峰の森クリニック内「ラクシュミ」まで



お待ちしています!
by chiwakomacrobi | 2010-03-17 21:14 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

砂糖と穀物の糖

今日は紫峰の森クリニックのピース&ヘルス食養講座



春とはいえ、まだまだ寒い日が続きますので、今回の料理は「蕎麦の実と松の実のロールキャベツ」です。



作り方は簡単!

1,キャベツを一人一枚さっと茹でます。
2,固い芯の部分は削いでみじん切り、人参も5ミリ角くらいに切ります。
3,軽く炒った蕎麦の実と松の実を混ぜてキャベツに包み、だし汁で煮ます。
4,柔らかくなったら塩と醤油で味付け、葛でとろみを付けます。


蕎麦は身体を温めます。
葛も身体を温めます。
煮物は身体を温めます。


柔らかく煮ると甘~~いです。

この甘みは?

蕎麦、キャベツ、人参、松の実の甘み!
c0125702_20322856.jpg




田中先生にも試食をしていただきました。
「甘いですねぇ」

今回の「糖」のお話へとつながりました。

c0125702_20544879.jpg




砂糖や果物の甘さは単糖類、少糖類です。

胃から吸収され、血糖値が急に上がります。
するとインシュリンが出て血糖値を下げ、安定させようと働きます。


穀類を食べた時の甘みも糖分です。

穀類の糖は多糖類でゆっくり血糖値を上昇させます。
そしてゆっくりと下がっていきます。
さほどインシュリンは出ません。



急激な血糖値の上昇は精神(心)もハイにしますが、急に減少するので気持ちも急に落ち込みます。

すぐにまた、甘い物が食べたくなります。


ご飯をしっかり食べると「腹持ちが良い」と思いませんか?
玄米を食べるとお菓子が欲しいと思いませんね。





バレンタインデイにはチョコレートを食べましたか?

チョコレートの中の糖分がもっとも早く吸収されるそうです。

ハイな高揚した気分を味わいましたか?

血糖値が急激に下がると落ち込みはひどいようです。

注意!注意!



お菓子を食べ過ぎると・・・・過剰な糖分は肝臓に蓄えられます。
最初はグリコーゲンという形で、これ以上蓄えられない時は脂肪として。


脂肪肝!!


蓄えられた糖分や脂肪は筋肉で使うことをしていかなければならないようです。

良く動く、良く働く、良く歩く・・・・




肝の働きが悪いと、腎が悪くなります。
肝腎要(かんじんかなめ)が弱る!

腎が弱ると生命力(精)が弱くなり、代謝が悪くなり、食べても栄養になりません。


健康を維持するためには、「何かを食べる」ことではありません。

消化そして代謝が大切なのです。





元気を保つ為には?

食べ物がいかに大切か!

そして代謝の時間に寝ること。
夜11時から午前3時の睡眠が大切だそうです。

夜更かしはだめ!

耳の痛い話です。


早く寝ましょう!!


でも、オリンピックも見たい~~~です!!!
by chiwakomacrobi | 2010-02-17 21:05 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

なぜ?孤立した寂しい人生を送るのか

今日もつくばです。

紫峰の森クリニックの「ピース&ヘルス食養講座」は今回もハイレベルのお話しでした。


今回の田中先生のお話は脳神経系と四肢代謝系。

それをつなぐリズム系のお話から始まりました。


c0125702_21283890.jpg



動物は四肢代謝系が発達していて、人よりも運動に優れ、食べ物を得ることも得意です。

人は脳神経が発達しています。

現代社会は「頭でっかち」の状態で、脳神経系がどんどん活発化しすぎると「ストレス」になります。



ストレスが多いほど脳は甘い物がほしくなり、脳の中に糖が入っていきます。

糖分が増えると、ますます脳神経系が大きく働き、四肢代謝系を押さえつけるようになってきます。



そうなると、何が起きるのでしょうか??


四肢代謝が落ちる・・・・食欲、、消化、代謝が落ちていきます。

ストレスで食欲がなくなったり、胃が悪くなったり、下痢をしたりしますね。



その結果、ストレス病と言われる病気が発生します。
 高血圧症、糖尿病、高脂血症などなど、癌も発生しやすくなるかもしれません。



そして、ストレスが高まると・・・・・・アドレナリン、コーチソール、ドーパミンなどのホルモンが増加し、体内の血糖値が上昇します。

※これらのホルモンは血糖値を上げるためのホルモンです。


それでは血糖値を下げるホルモンは?・・・・インシュリンのみ!!


なぜでしょう?


それは、人類の歴史に由来しているそうです。


人はいつも飢えと闘って生き延びてきたからです

血糖値を上げるホルモンは生き延びるためには必要だったからです。

長い歴史の中で、血糖値を下げる必要はなかったのでしょう。


たくさん食べられなかったと言うことです。



現代社会をみても、地球上にはたくさんの飢えた人々がいます。

一部の地域、国だけが過剰な食物を摂ってっています・・・・そして食べ過ぎて病気になっています。



食べ過ぎれば病気になるはずです!!





砂糖を過剰に摂取すると「結晶化」するそうです。

陰性の部分的な過剰は「手足のしびれ」「血管の詰まり」などを引き起こします。



現代社会に生きているとストレスにさらされ続けています。
その中で元気に生きるためには次の点に注意することが必要です。

・ストレスをなくす生き方をする。
・身体を動かすこと。
・過剰な食物を摂らないこと。



マクロビオティックの生き方をする以外に方法はなさそうです!!



全体的な(マクロ的)な考え方をすると、生命が求めている物が見えてきます

部分的な(ミクロ的)な考え方では機械的になり、
他との結びつきがなくなります



生きていること自体が宇宙とのつながり、結びつきです。


物質的な考え方になればなるほど、結びつきはなくなっていきます。


目で見えること・・・・

目で見えないこと・・・・・


生きていく意味・・・・・

生命のつながり・・・・・・


現代社会は物質的、部分的 → 個々が孤立していく → 寂しい人生


マクロビオティックでは自然が作り出した物を、なるべく自然の形で食べていきます。

宇宙的・全体的な物の見方を学習し、自分の存在理由を知り、つながりを大切に生きていきましょう。





久司道夫先生に出会い、田中先生と一緒にマクロビオティックを学べて幸運でした。


道夫先生は常々「人は人らしく生きなさい」とおっしゃっていました。



学び続け、考え続け、人の食べ物を食べて人になるということでしょうか。




最後に田中先生には、脳神経系をゆるめ、四肢代謝系を活発にするための呼吸を教えていただきました。


丹田呼吸法です。





今日のお料理はストレスにならないスイーツです。

レンズ豆のお汁粉、抹茶豆腐白玉そえです。


c0125702_21263966.jpg





明日は、いよいよ7期生のスタートです。

初心を忘れず、皆様と一緒に学んでいきたいと思います。

by chiwakomacrobi | 2010-01-20 21:33 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

自分を見つめる為の方法

今日もつくばです。

「紫峰の森クリニック・ピース&ヘルス」の食養講座でした。


今回のデモストはお正月用の「ノンシュガーのきんとん」の作り方です。
かぼちゃとさつま芋の皮を厚くむいて塩をしてから蒸して裏ごしします。
リンゴはイチョウ切りにして梅酢をかけて蒸し煮にします。
合わせると甘~~いきんとんが出来上がります。

c0125702_23295980.jpg



切り取ったかぼちゃとさつま芋の皮で「きんぴら」

c0125702_2332288.jpg




試食後はDr、田中のお話です。
c0125702_23355148.jpg


五感
聴覚・・・・空
触覚・・・・空(風)
視覚…・・光(火)
味覚・・・・水(土)
嗅覚・・・・水(土)

c0125702_2342950.jpg



食べることは全ての感覚を使っています。

見た目の美しさ・・・光を入れていること。
いろいろな色の料理・・・食事を楽しみバランスを楽しむ。

c0125702_2346561.jpg




地球上にあるものすべてが私たちの五感を育てている。

陰陽
虚実
表裏
寒熱

これらを考えて処方するのが漢方ですが、マクロビオティックの食事作りも同じ考えです。

真心を込めて食事を作る=陰陽の勉強=自分を見つめる。

食べることを楽しみながら学んでいけるマクロビオティックは素晴らしい!!

地球上にあるものの要素が私たちの感覚を育てました。





次回のピース&ヘルス食養講座


1月第1水曜はお休みです。

2010年 1月第3週(水)14時~16時

ご出席をお待ちしています!!
by chiwakomacrobi | 2009-12-16 23:55 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

自分の後ろにいるもう一人の自分

今日は紫峰の森クリニックの「ピース&ヘルス食養講座」でした。

初めに小豆かぼちゃのデモストをし、試食をしながらマクロビオティック談義です。

いつ食べても美味しい小豆かぼちゃです。
c0125702_22252794.jpg



今回の田中先生のお話は「なぜ、玄米を食べるのか?」から始まりました。



人と植物は成長の方向が違います。
植物は下から上に。
人は上から下へ。

人の頭は植物の種に当たります。
お母さんのおなかの中で頭の中が出来上がって生まれてきます。

幼児の書く人の姿は頭でっかちです。
子供の感覚では頭はとても大きく感じているそうです。

人が賢くなったのは直立して歩いたからで、脳が成長して立ち、頭が天へ向きました。

①人には植物的なところも残っています。
植物の幹、枝、葉と人の神経系が良く似ています。

②人には動物的なところもあります。
動いて移動できるところ。
ギリシア神話の下半身が動物のイメージです。
食べ物を得るためには何でもするところ。

③鉱物的なところ
骨、ミネラル

進化的に考えても生命の起源を中心にして、人と一番遠いところに存在するのは穀類です。
稲、麦の直立する姿こそ、人と一番遠いところへ進化した植物の姿です。

したがって穀類が一番大切な食物と言えるでしょう。
人らしい姿と言うのは動物的なところを理性でコントロールするところにあるのです。


動物を食べていると動物に近くなります。

今、一番危険な食物は家畜の肉です。

家畜やペットは自然からかけ離れ、人の都合で不自然に生きている為に病気になっています。
また、人工的な飼料を食べているので家畜の肉や乳は環境ホルモンに犯されています。

環境ホルモンの影響で、男性の女性化、女性の子宮卵巣系の病気などが問題になっています。




そして、人が人らしく生きるためには魂と心と身体のバランスも大切です。

人は「心と身体」を持っています。
身体はご先祖様から目に見えるものを頂きました。

自分の存在は「小宇宙」と言われています。


しかしそれだけでは人ではありません。
自分の後ろにいるもう一人の自分=魂があるから生きているのです。

魂「見えない物」がなくては生きていけません。

魂は心と身体がなくなるとまた、宇宙(大宇宙)に帰るようです。


そして、次の生命体に降りて来て再び地球上で過ごすそうです。


先祖(仏)や家族に感謝し、自分(小宇宙)は懺悔と反省、神(大宇宙)に祈りを。


この地球上に存在している間は、大地の味を楽しみ、大地の音を聞き、大地に触れ、地球に生きていることを喜びましょう!
楽しみましょう!




マクロビオティックの料理の持つ意味も大きくて、素材(地球を感じる)を生かすことです。
調味料などを使いすぎると、地球の声が聞こえにくくなりますね。


小豆かぼちゃから宇宙を!!


今日も充実した2時間でした。

毎月第1と第3水曜日
14時~16時

是非、お越しくださいませ!!

by chiwakomacrobi | 2009-11-18 23:06 | 紫峰の森・ピース&ヘルス


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧