カテゴリ:料理( 179 )

手打ち蕎麦で還暦祝い

今日はシンガポール在住のDr.Kの還暦祝いをしました。



シンさんが蕎麦を打ちました。


さすが!

蕎麦ソムリエ


c0125702_22191857.jpg




c0125702_22213269.jpg




c0125702_2222158.jpg





c0125702_22225134.jpg




てんぷら(ごぼう、れんこん、にんじん、インゲン、舞茸)

c0125702_2234595.jpg





デザートもそばがき



c0125702_22314943.jpg




そばがき小豆餡のせ

c0125702_22433522.jpg





きな粉ときび飴

c0125702_22333561.jpg





シンガポールの新年のお祝いのお菓子

「パイナップルケーキ」

c0125702_22361751.jpg




無茶々園のポンカン

c0125702_22383478.jpg





焼酎とシャンパンとビール

c0125702_2237537.jpg




c0125702_22372631.jpg




ちょっと食べ過ぎ飲み過ぎ?


c0125702_22472472.jpg

by chiwakomacrobi | 2011-02-01 22:40 | 料理

寒い夜は鍋料理

寒い日は鍋料理が最高!!


今日はシンさんが鍋奉行です。



だしは昆布と椎茸


具は・・・白菜、長ネギ、玉ねぎ、人参、エノキ、シメジ、舞茸、大根、蓮根まで入っています

 
     「稲本さんの厚揚げも入っている」

c0125702_1948264.jpg




うどんは 「金トビ」 田舎うどん

金トビ麺は挽きたて小麦粉で作っています


c0125702_19485033.jpg





雪鍋用の大量の大根おろし&柚子


c0125702_19503057.jpg





そして、鍋に欠かせないのが


コレ!!



c0125702_2001839.jpg



マルシマの柚子の香
丸島醤油と国内産の柚子が鍋にピッタリです。





シンさん30年来の愛用品


かんずり


塩漬けした唐辛子を雪上でさらし、ユズと米麹を加えて3年間熟成させて作るそうで、あまり辛くないです。



c0125702_19453874.jpg




新潟(妙高)にスキーに行くと必ず買ってきましたが、最近はデパートでも売ってます。





寒い夜も身体の芯から温まる「鍋料理」

ポカポカです!


ごちそうさまでした

by chiwakomacrobi | 2011-01-22 19:54 | 料理

おせち料理 最終日

おせち料理講座の4日目です。

三の重は焼き物と揚げ物

c0125702_2005154.jpg





与の重は煮物


c0125702_2045888.jpg






鰻もどきで鰻丼

山椒をかけると最高!

c0125702_20592310.jpg



鰻は蓮根と豆腐と牛蒡で作ります。

c0125702_2142142.jpg





鮑もたくさん煮上がりました。

c0125702_2105482.jpg




鮑は厚みのあるどんこで作ります。

c0125702_2123177.jpg




試食はお皿に盛りつけました。

c0125702_2152482.jpg





お持ち帰りは各自が持参したお重に盛りつけました。

c0125702_2163895.jpg





四段のおせち料理が出来上がりました。

c0125702_2114301.jpg

c0125702_21134496.jpg





寒がりのチビ太君はストーブの前で、今年一年を振り返っていました。


c0125702_2183862.jpg



おかげさまで楽しい一年でした。


ありがとうございました!!

来年もよろしくお願いいたします。




皆様、良いお年をお迎え下さい!!!




※ブログは明日から元旦までお休みいたします。



 
by chiwakomacrobi | 2010-12-19 20:05 | 料理

おせち料理 三日目

今日は初日と同じメニューで一の重と二の重を作りました。

参加メンバーが違うとお料理の味も変わります。



雰囲気を変えて盛りつけてみました。



c0125702_22451711.jpg




c0125702_22454746.jpg






伊達巻きやきんとんも美しい黄色に仕上がりました。

(クチナシなどで色を付けていません)


c0125702_22462151.jpg





赤蕪や紅芯大根もお酢で漬けると鮮やかな色彩になります。

c0125702_2247262.jpg




c0125702_22472073.jpg





ごぼうと梅干しを3日間土鍋で煮ました。

甘~~い!!

c0125702_22482564.jpg





c0125702_22484547.jpg





野菜は本当に美しい!!



c0125702_22502528.jpg






c0125702_2250565.jpg






明日はおせち最終日です。
by chiwakomacrobi | 2010-12-18 22:51 | 料理

おせち料理 二日目

今日はおせち講座の二日目です。


朝から講座の準備をしているとヘリコプターの音がブルブルブルブル・・・??

取手駅で大変な事件です!!


たくさんの方から安否確認のメールをいただきました。

幸い、当スクールの関係者は無事でした。



中高生が怪我をされたようです。

心身ともに、一日も早く回復されることをお祈りいたします。



今日のおせちは三の重と与の重を作りました。


三の重

c0125702_2218792.jpg





c0125702_221858100.jpg





鮑もどき

どんこに見えますか?

c0125702_22295633.jpg



鮑より美味しいです。

c0125702_22292766.jpg





ヒエの蒲鉾もどき

ヒエとグルテンと板海苔で白身魚の風味です。

c0125702_2231555.jpg




松風焼き


松の実が美味しいです。

c0125702_2234792.jpg




テンペの南蛮漬け

テンペを揚げ、野菜たっぷりで漬け込みます。

c0125702_223602.jpg





松葉銀杏


c0125702_22371651.jpg





鰻もどき

ごぼうの泥臭さが鰻のような味。

c0125702_22393152.jpg




こんにゃくの味噌煮

八丁味噌で煮込むと、お肉の角煮のように見えます。

c0125702_22403150.jpg




豆腐入り宝袋

しらたき、きくらげ、人参、豆腐が入った宝袋。

中から何が出てくるのか?
食べるのが楽しみな一品です。

c0125702_22431254.jpg




花人参

包丁を入れてねじり梅を作りました。

c0125702_22445297.jpg




絹さやの塩茹で


氷でしめて色止めします。

c0125702_22454146.jpg




昨日のお重と合わせると四段重ねになります。

c0125702_22465750.jpg



c0125702_2247834.jpg




明日もおせち講座は続きます。
by chiwakomacrobi | 2010-12-17 22:26 | 料理

おせち料理 一日目

今日からおせち料理の講座が始まりました。


お正月にはおめでたい料理をお重箱に詰め、無病息災と五穀豊穣を祈ります。

それぞれの素材や調理にも思いが込められていますので、出来たら手作りのおせち料理で新年を迎えたいものですね。




昆布巻き
 昆布は喜ぶ。
 広布(ひろめ)とも言われ、名前も運も広がっていく。巻くは結びの意味。


ごぼう
 細く長く地中にしっかり根を張り、細く長く幸せに。
 たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き身を開くので、開運の縁起をかついだもの。

 
蓮根
 穴が開いているので、先の見通しが良くなる。


黒豆
 一年を通してまめまめしく元気に働けるように。


お雑煮
 餅は神に捧げる神聖な食べ物です。
 関東は角餅を焼いて澄まし汁、関西は丸餅を茹でて味噌仕立て。




マクロビオティックのおせち料理の一日目です。

一の重(口取り・祝肴)と二の重(酢の物)を作りました。


一の重



c0125702_22445957.jpg




伊達巻き


木綿豆腐とかぼちゃととうもろこしと地粉と葛粉で作ります。

米あめや甘酒を入れてしっとりと甘~く仕上げました。


c0125702_22313736.jpg




黒豆の含め煮

ブドウジュースとリンゴジュースだけで煮ます。
塩と醤油で味を整えると、ふっくらとして美味しい黒豆が煮上がります。


c0125702_22334598.jpg




昆布巻き

牛蒡と人参を芯ににして柔らかく煮ました。

米あめで照りをつけます。

c0125702_22354254.jpg





蓮の実あん入りれんこん

れんこんに紅麹で色をつけて蒸します。

蓮の実は圧力鍋で煮てから葛を入れて甘みを付けて煮詰めました。


c0125702_2241426.jpg





きんとん


さつまいもとかぼちゃとりんごで作るきんとんです。

甘みは野菜とりんごの甘さのみ!

塩と梅酢の使い方で、甘~~いきんとんになります。


c0125702_22434419.jpg





二の重



c0125702_22554589.jpg




金柑の甘煮

金柑に包丁を入れ、一度茹でます。
メープルシロップで煮て仕上げに米あめを入れました。


c0125702_22374342.jpg




菊花かぶ

蕪に包丁をして菊の花を作り、濃いめの塩水につけます。


しんなりしたら水で洗い、玄米酢と柚酢と米あめに漬け込みます。


c0125702_2250560.jpg




紅白の柿なます



大根の桂剥き、人参の千切り、柿の千切り。

味付けは柚子酢と梅酢。

c0125702_2251556.jpg




紅芯大根と赤蕪の千枚浸け

昆布と柚子酢で漬け込みます。

c0125702_22534884.jpg




ごぼうの梅煮の胡麻和え

ごぼうと梅干しを煮ます。

c0125702_2255697.jpg




一人分をとりわけました。

c0125702_22562965.jpg




関東風のシンプルなお雑煮です。

お餅はアフコさんの玄米餅
感動的な美味しさでした!!

c0125702_2257296.jpg





どの料理も簡単に作れるレシピです。


明日はおせちの三の重と与の重です。



18日(土曜日)は「おせち一の重&二の重」の講座(若干名)

19日(日曜日)は「おせち三の重&与の重」の講座(若干名)



18日、19日とも今からでも「お申し込み」出来そうです。

お問い合わせ下さいませ。






 
by chiwakomacrobi | 2010-12-16 21:37 | 料理

今年のおせち料理講座

今年もおせち料理講座にたくさんのお申し込みをいただきまして

ありがとうございます!


毎年参加の方にも喜んでいただけるように、新しい料理も加えます。


もっと美味しく!

シンプルな作り方!

へと進化させました。



昨日も、名アシスタントのくーちゃんと楽しく試作をしました。


その一部をご紹介いたします。


茨城の郷土料理〈芋串〉をおせち風に

c0125702_23213388.jpg




昨年よりグレードアップした伊達巻き

c0125702_23231626.jpg




松風

c0125702_23242780.jpg




うなぎもどき

野菜を届けに来てくれたコーさんにうな丼にして食べていただきました。

c0125702_23252162.jpg





紅芯大根と赤蕪の柚子漬け


c0125702_2327721.jpg



c0125702_2327254.jpg





二日間で20種類を作る予定です。


16日、18日が祝い肴とお酢の物(10種)

17日、19日が焼き物、揚げ物、煮物(10種)


まもなく満席です。

参加される方はホームページよりお早めにお申し込みくださいませ。

お待ちしております!!
by chiwakomacrobi | 2010-12-07 23:34 | 料理

手打ち蕎麦と大学芋

久し振りにシンさんが蕎麦を打ちました。


c0125702_21185748.jpg




見事な水回しです。

この水回しが蕎麦の美味しさの決め手になるようです。

c0125702_21311751.jpg



さすが、ソバリエ・ルシックの腕前は確かです。


「美味しい~~!!」


c0125702_2132292.jpg



シンガポールから出張で帰国されている、Dr.kanzo&エミリーさんは大喜びです。


舞茸や蓮根、もってのほか(食用菊)なども 天ぷら にしました。

c0125702_21242614.jpg





天ぷらを揚げた油で 「大学芋」 も作りました。




さつまいもを一口大の乱切りにします。

c0125702_2128178.jpg




170度くらいの油で揚げます。



c0125702_21334369.jpg



さつまいもの中心まで火が通るように、周りはカリカリになるようにじっくりと。

さつまいもの陰性なところをシッカリ揚げて陽性化しましょう。


c0125702_21392452.jpg





米あめと少量の水と醤油を煮詰めて作った蜜を芋にからめる。

お鍋の中に揚げた芋を(熱いうちに)入れます。

c0125702_2140821.jpg





炒り黒胡麻をかけます。

c0125702_21413100.jpg






大根おろしに使った大根の茎、人参、エリンギと天ぷらの残り物を集め、さつまいもを揚げたお鍋に残った油で炒めたら一品出来上がり!


c0125702_21472124.jpg





連続技で数品作り、鍋も油も調味料も使い回し、これこそエコ料理!!


今日も食べ過ぎ注意でした。
by chiwakomacrobi | 2010-12-01 21:54 | 料理

大根の葉と777

今日で11月も終わり、明日から師走。

季節の移り変わりは早いですね!!



明後日は平田シェフをお招きして「クリスマス料理」講座を開きます。


昨日、今日と講座の為の食材を調達。


大根も買ってきました。

テリーヌとピンチョスに使います。

どんなお料理に変身するのかなぁ?と楽しみです。




今回は葉は使わないようなので、1本分を炒めて菜飯にしました。


菜飯用の大根の葉の炒め方のポイントです。



葉と茎を細かく刻みます。

ポイント1:茹でません

c0125702_16563730.jpg



フライパンに胡麻油を入れて温め、葉を炒めます。

ポイント2:途中で自然塩を少し振りかけます

c0125702_1658532.jpg




葉がしんなりしてきたら茎を入れて炒めます。

ポイント3:葉から炒めます

c0125702_1713258.jpg





焦がさないように炒めます。
途中で味をみて、苦味が甘みに変わるくらいの塩を数回に分けて振りながら炒めます。

ポイント4:良く炒めます

c0125702_1731422.jpg




薄口醤油を回し入れます。

ポイント5:炒めながら味をみて美味しくなったら醤油を適量入れます

c0125702_176463.jpg




焦がさないように火加減に気をつけて炒め、炒り胡麻を加えて火を止めます。

炒り胡麻を加えるとカルシュームも美味しさもアップします。

ポイント6:炒り胡麻を加えます

c0125702_1782843.jpg





玄米ご飯にかけていただくか、炊きあがった玄米ご飯に混ぜ合わせます。

ポイント7:水分が出ないように仕上げます

c0125702_1710857.jpg




長々と書きましたが、こんなやり方もあると言うだけです。

葉っぱは、固かったらさっと茹でてもOKです。

大根の葉は油揚げと煮ても美味しいですね。

どんな作り方でも良いのです。


皆様の「大根の葉の活用法」も教えてください。




大根の葉は、栄養豊富。

一物全体

身土不二

葉っぱから根っこまでぜ~~んぶいただけます。

大根は根っこの部分だけでなく、葉もぬか漬けにしても美味しいですよ。





大根の青菜ご飯は久司道夫先生の大好物。

作りながら先生の笑顔を思い出しました。




KIIXでも習いますが、大根は様々な効用のある素晴らしい野菜です。

大根に感謝!

大感謝!!




これからは大根が美味しくなるので、嬉しいですね。




もう一つ嬉しい事

今日までに書いたブログの総数

777


いつも見てくださってありがとうございます!!

感謝!!!
by chiwakomacrobi | 2010-11-30 17:32 | 料理

コメスタでランチ

数年前にTVドラマ「バンビーノ」が嵐の松本君主演で放送されました。

そのモデルになったイタリアンレストランが「コメスタ」です。




「コメ・スタ」は野田市にありますが、評判の良いお店でいつ行っても混んでいます。



あまり大きなレストランではないですが、こじんまりとした中にもイタリアを感じさせてくれるインテリアで楽しくお食事ができます。


ピッツァ、パスタ、パン、コーヒー、ワインなども美味しく、野田市を意識してお醤油やもろみを使ったメニューがあります。

味とサービスが売り物のお店です。



母を誘ってエミリーさんと3人で食事をしました。



地元の野菜がたっぷりと入ったサラダやパスタがあります。


c0125702_23502220.jpg




c0125702_23505171.jpg




サービスが良く、誕生日に行くとケーキと歌のプレゼントがあり楽しいお店です。


c0125702_23494495.jpg





おしぼり入れでイタリア語の勉強。



c0125702_23484997.jpg




私の注文したランチのお重(1050円)だけでもお腹がいっぱい!


どのランチを注文しても、最初に豆のスープが出ます。
(インゲン、レンズ、金時、ジャガイモ、人参など)

c0125702_23553748.jpg



c0125702_23575584.jpg



コーヒーはおかわりOK。

c0125702_0234857.jpg





母がコメスタ名物「玉手箱を頼みました。

ドライアイスの霧の中からスイーツが現れます。

c0125702_013121.jpg




食べきれない母!

でも頼んでしまう気持ちはわかります・・・・


c0125702_0359.jpg



さすがにスイーツは食べられませんでしたが、パスタは母の分も食べたので食べ過ぎです!


(注文は食べられるだけにしてくださいね。)





パンのリースも買ってきました。

c0125702_04350.jpg



無添加だそうですが、乾パンのようなパンなので数ヶ月は保つようです。

12月12日に飾りましょう。


c0125702_052130.jpg




ベジメニューを頼んでも、油(オリーブ)が多いです。



食べているときは美味しくて満足でも、家に帰ると「家のご飯が一番!」なんて叫びたくなりませんか?



やっぱりKIIXで作るマクロビオティックのパスタは最高に美味しいです!!
by chiwakomacrobi | 2010-11-26 23:33 | 料理


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧