<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

永遠の若さの秘密

今日は枇杷葉温圧の濱田久美子先生をお招きして、講演会と温圧(お灸)の勉強会を開きました。

雨の中、東京から来られました。

お足もとは「ハイヒール!!」
誰もが驚く、細く高いハイヒールです。

8センチくらいでしょうか!
昨年より高くなっています。
c0125702_2313427.jpg


なぜ、「ハイヒール!」なの?
先生は昭和2年のお生まれなのです。

現在も社交ダンスのレッスンを続け、モダンやラテンなど10種類も踊られるそうです。
ダンスのお相手は50歳も年下の男性。

競技会の写真にはみんなびっくり!!
リフトされ、綺麗に反っています(昨年より身体が反れたそうです)


そして、素早く着替えて講演と実習の準備をされました。
c0125702_22413388.jpg





若さと健康を維持するためには、枇杷葉のお灸と食事、運動そして一番大切なものはだそうです。


良い血液は良い筋肉や臓器を作るのは食事、ということで「生命が欲するものを食べる」ことの重要性をお話くださいました。


自律神経の陰陽。
癌の発症、転移、再発の原理。
心の持ちかた、考え方。
塩の話。
電気のお灸ともぐさのお灸の違い。
枇杷葉温圧は太陽のエネルギーのような陽性のエネルギー。
c0125702_23163252.jpg


などなど・・・たくさんの貴重なお話をしていただきました。

今日、ご参加くださった方々は「超ラッキー」です!!


その後、枇杷葉温圧の実習になりました。
全員が先生にお手当てをしていただきアドバイスもいただき感激です。

c0125702_23154223.jpg


c0125702_23155732.jpg





先生を囲んでの茶話会です。

c0125702_23175837.jpg


c0125702_23181723.jpg


年を重ねる事の素晴らしさを教えてくださいました。
80歳を超えると、いろいろなものが見えるようになり、違う角度から考えられるようになるそうです。

世間では年を取ると視野が狭くなり、頑固になるといわれますが、先生は逆のようです。

食、運動、心この三つの実践と、枇杷葉温圧。


食を変えてここに有る

この先生の言葉は私たちの励みであり、目標です。


また、機会を作って来てくださる事をお約束して、雨の中を帰られました。

c0125702_23185086.jpg


濱田先生、ありがとうございました!!


※私は、明日からの3日間は河口湖のアルカンシェールに行っています。
by chiwakomacrobi | 2009-05-28 23:19 | 講演会・勉強会

鎌倉文学散歩・・・

友人からお誘いを受け、初夏の日が眩しい鎌倉と江ノ島に行ってきました。

鎌倉駅に11時集合。
女性5人の楽しいミニ旅の始まりです。

江ノ電に乗って由比ヶ浜へ。

ランチは広大な敷地のお屋敷をリニューアルした素敵な建物の「松原庵」へ。
c0125702_2214059.jpg


予約を入れてくださったので、スムースに食事ができましたが、玄関先は大変混み合っていました。
マダム風のグループがランチやお酒やお茶を楽しんでいます。
c0125702_2234226.jpg



松原庵のような空間で、しみじみと・・・・ではなく、ちょっと賑やかにお食事をいただきました。

前菜
c0125702_2263788.jpg


野菜のてんぷら
c0125702_227172.jpg


ざるそば
c0125702_2274421.jpg


我が家の蕎麦の会のようなメニューです。
一つづつのお料理に細やかな気配りが感じられ、大変美味しゅうございました!


お食事の後は、徒歩で鎌倉文学館へ。

大正から昭和にかけて、鎌倉にはたくさんの文学者が滞在していたそうです。
ちょうど「有島三兄弟・それぞれの青春展」が開かれていました。

この文学館は前田家(加賀百万石の前田家)の別邸で、三島由紀夫の「春の雪」の舞台となったところです。

c0125702_22222556.jpg


鎌倉ゆかりの文学者たちの原稿や写真や手紙など見どころがいっぱいですが、ここも大入り満員で混んでいました。


庭のバラ園は今が見頃です。
「春の雪」
c0125702_22254381.jpg


c0125702_22261374.jpg


c0125702_22263688.jpg


様々なバラが咲き誇り、バラの香りに包まれ酔いそです。
c0125702_22293553.jpg


100種類くらいのバラがあるようです。
c0125702_2230141.jpg


c0125702_22302796.jpg


「ブラックティー」
c0125702_22305292.jpg


「鎌倉」
棘のない香り高い新種のバラです。
c0125702_22323543.jpg


c0125702_22343463.jpg



次は江ノ電で七里ガ浜へ。

友人が昔からのお気に入りのカフェ「アマルフィ デラセーラ」へ。

ミステリー作家真保裕一氏の最新作の舞台ではなく湘南のアマルフィです。
「アマルフィ」読みました。
おもしろかったのでお勧めです。


日本のアマルフィへは江ノ電の線路をまたいで行きます(笑)
たどり着いた所は不思議な空間。
c0125702_22431765.jpg


バナナ園の坂道をかなり登ると・・・そこはアマルフィ?(誰も行ったことがないです)
その先は言葉にならないほどの景色が広がります。
テラスより180度のパノラマ。

葉山海岸、右手には江ノ島。
雄大な眺めが楽しめます。
c0125702_22455625.jpg


お天気も良く、気分はイタリアン。
友人はリモンチェッロ(レモンはイタリア語でリモン?)を注文。
c0125702_22531551.jpg

甘くてすっぱくてとても強いお酒です!


アルコールに弱い私は「カクテルルーチェ辛口」を。
生姜の辛味が強いジンジャーエールにリモンチェッロの甘味が少々。
c0125702_2314171.jpg



海を眺めながら、おしゃれな友人たちと共通の話題で盛り上がり、最高に幸せな一日でした。
by chiwakomacrobi | 2009-05-27 22:35 |

ハートのモッフル

KIIX日曜日はPart3
Class15と16です。
もうすぐ初級が終了します。

今回はメニュープランニングと五行。
マクロビオティックのメーニュー作りはエネルギーのバランスとバラエティに富んだ食材や調理方法を組み合わせます。

そのためにも五行の応用が大切です。
各臓器との対応、相生、相補、相克など循環と対立を学びました。


今回の調理実習は12品!


・人参の葉の炒飯
c0125702_052040.jpg



・煮しめ
c0125702_055618.jpg



・豆腐と人参とセリの澄まし汁
c0125702_07717.jpg



・ひよこ豆と人参と昆布の煮物
c0125702_081247.jpg



・青菜のサラダ・醤油生姜ソース
c0125702_09793.jpg



・甘酒のゼリー・フルーツソース添え
キンカンのコンポートとミントをのせました。
ジャムはワイルドベリーです。
葛でとろみをつけてソースにします。
c0125702_012499.jpg



・キビアーモンド
雑穀の炊き方と食べ方の応用です。
c0125702_0151747.jpg




・焼き豆腐の味噌ソースかけ
豆腐はオーブンで焼きます。
c0125702_016136.jpg



・キャロットスープ
玉ねぎのウォーターソテーがポイントです。
c0125702_0171778.jpg



・白菜のサラダ・レモンドレッシング
シンプルな調理ですが、盛り付けは美しく。
c0125702_0184572.jpg


・モチワッフル れもんと胡桃のシロップかけ
レモンの酸味がポイント。
c0125702_020848.jpg



どの料理も作り方は簡単です。

シンプルな料理こそマクロビオティックの料理。
美しい盛り付けと美味しい味付けは最高のご馳走です!!



今回もかなり美味しかったですね。
c0125702_0232667.jpg


お疲れ様でした。
by chiwakomacrobi | 2009-05-25 23:24 | KIIX1~5期

玄米を陰陽に炊き分ける

KIIX土曜日コースも3回目。

気候帯別の食べ物、食べ物の陰陽、主食と副食の割合について考えました。

「主食はとても大切で食事の中心」=マクロビオティック食事法
日本は瑞穂の国、黄金のジパング。
お米が美味しい、お米を食べましょう。

マクロビオティックの食事法は簡単です。
「ご飯をしっかり食べましょう」



そして副食は主食に副えるもの。
スープやおかずを合わせて50%以下に!住んでいる所で採れた季節の物をシンプルに調理していただくと自然に調和がとれていきます。

次に五行でエネルギーの変化を知ると、季節や時間や身体に合わせた食事法が出来るようになります。

五行は覚えるものではなく「生きていればわかる」ことなのでしょう。


今回の調理実習は7品です。
玄米を陽性と陰性に炊き分けました。

・古代米入り玄米ご飯

黒米を混ぜて圧力をかけもっちりと陽性に炊きました。
c0125702_103736.jpg


・ひじき入り玄米ご飯
土鍋で水を多めで炊きました。
圧力鍋よりあっさりしていてふわっと陰性に炊きあがりました。
c0125702_10395014.jpg


お寿司や混ぜご飯に向いています。
芽ひじきと人参と油揚げを煮て混ぜご飯。
c0125702_1041187.jpg



・けんちん汁
塩味であっさり夏向き仕上げ。
c0125702_10422560.jpg



・粟と甘い野菜のスープ
粟とカボチャは膵臓が疲れやすい人に良いでしょう。
c0125702_10452275.jpg



・小豆かぼちゃ
これは腎臓の為に。
美味しくても食べすぎはいけません!
c0125702_10471355.jpg



・煮しめ
玉ねぎのウォーターソテーと野菜を陰陽の順序で重ねることで信じられないくらい甘い煮物ができます。
c0125702_10502665.jpg



・葛玉
小豆、昆布、レーズン、塩でとても甘いあんこができます。
アジサイと笹の葉にのせて、涼しげな和菓子ができました。
c0125702_1053471.jpg


c0125702_1054535.jpg




毎回パーティーのような試食です。
「噛み噛み」
c0125702_10564548.jpg



c0125702_10585039.jpg




今回でPart1終了です。

次回はPart2の教科書をお忘れなく!
by chiwakomacrobi | 2009-05-24 23:01 | KIIX1~5期

望診法とシンプルな料理

木曜コースも今回でParat5(中級コース)が終わります。

望診法
足や足の指の形で心身の状態を診て行きます。

足の形
足の幅と長さ
足の経絡、臓器との関係
足の裏と対応する臓器
圧診のポイント
つま先の形
たこ、魚の目

眼の状態
白目に現れる徴候

体毛、毛髪
脱毛、白髪
お互いに観察し合って確かめます。

食との関係、食べ物の質、量、食べ方、食の偏りなど気づきの多い授業です。

久司道夫先生の講義を思い出しながら進めましたが、望診の授業はおもしろく盛り上がります。


中級の最後(Class30)はシンプルな材料、シンプルな調理の仕方です。


授業が進めば進むほど複雑な料理になっていくのが、一般的な料理教室ではないでしょうか?
マクロビオティックの調理では、よりシンプルに進化していきます。


・炒り大豆入り玄米ご飯
大豆を炒って玄米と一緒に圧力鍋で炊きました。
c0125702_12195453.jpg



・おでん
あっさりと煮て盛り付けも夏バージョンです。
c0125702_12215324.jpg



・粕汁
こちらも夏バージョン。
麦味噌を使い軽さを出しました。
c0125702_12231218.jpg



・キャベツ・セロリ・人参のソテー
塩味でサラダ風。
イタリアンパセリが爽やかです。
c0125702_12243111.jpg



・ライスプディング
玄米と玄米のもち米と勝ち栗とレーズンをリンゴジュースと豆乳で煮ます。
シナモンスティックを入れて香りを出しました。
アーモンド炒ってかけるとタイのスイーツのようです。
c0125702_12282156.jpg



試食会は関西にお引越しのために、今回で終了のMさんのお別れ会になりました。

c0125702_12322013.jpg


アシスタントのお二人に作っていただいたスイーツです。
c0125702_12324473.jpg



関西に行っても頑張ってくださいね!
by chiwakomacrobi | 2009-05-21 23:37 | KIIX1~5期

よもぎケーキとインフルエンザの話

今日は第3水曜日、紫峰の森クリニックの「ピース&ヘルス食養講座」でした。

マクロビオティックのデモストは「よもぎと小豆のケーキ」です。
甘みは米あめとメープルシロップとリンゴジュース。
茹小豆を加え、しっとりと甘く美味しいケーキが焼きあがりました。
c0125702_2257851.jpg



試食しながらマクロビオティックのお話や質問などで盛り上がります。
c0125702_22584686.jpg


田中院長の講義は陰陽の概念から始まり、宇宙の法則のお話やアーユルヴェーターでいうところの10種類の質のお話になりました。

c0125702_2327364.jpg


その後はインフルエンザについてお話がありました。

インフルエンザにかかったら最初は熱を下げてはいけない。
熱がでないと免疫力が上がらない。

熱を無理に下げるということは、自分の免疫力を下げることになる。
39度以上でウィルスをやっつける。
あわてて解熱剤を飲まない事!!

熱を下げる時は、キャベツを頭に貼るくらいがちょうど良いそうです。
(豆腐では下がりすぎる)

熱を下げる方法は、「足を温め、頭を冷やす」
<頭寒足熱>

それでも下がらない時は脇の下を冷やすと下がります。



毎日食べるものが一番大事!

米をどういう形で摂るか?
毎日食べている物はその作用が強くなる=自分の身体に大きく影響する。
免疫があるか・ないか?


癌の特効薬のお話もありました。
エスカドール(宿り木療法)
癌は人に寄生しているような形態=宿り木に似ている

白樺などに寄生している宿り木の葉は尖っている。
尖っている=鋭い形は破壊=壊す作用がある。

ということで、ヨーロッパでは100年くらい前から癌の特効薬として使われているそうです。
特に副作用がないようです。


来月はは6月3日と17日です
会費は1500円です。
お申込みは紫峰の森クリニックの森までお願いします。


皆様のご参加をお待ちしています!
c0125702_23262186.jpg

by chiwakomacrobi | 2009-05-20 23:28 | 紫峰の森・ピース&ヘルス

ジャガイモの花

昨年の「荒地ほったらかし農法」では豆以外は収穫できませんでした。
自然農法はかなりむずかしいようです。

本を読み、話を聞けば「わかったつもり」になりますが、現実は厳しい!


今朝は家庭菜園歴が長い母が、畑の手入れしてくれました。
土が悪く、石ころだらけ。
雑草の根が深い。

土作りをして、野菜が採れるまではかなりの努力が必要なのかもしれません。

今年もマメ科は収穫できました。
さやえんどう、空豆。

ジャガイモ
順調なようです。
もともとアンデスが原産。
肥沃な土地でなくても採れるのですね。
花は紫色です。
c0125702_1223813.jpg


マクロビオティックを始めて10年くらいは、全くジャガイモを食べませんでした。
今もあまり食べませんが、シンさんは陽性体質ですから大好き!
自分の為に作っているようです。

ジャガイモはカリウムが多いので陰性体質、冷え性、太り気味の方には要注意です。
病気の時やインフルエンザがはやっている時は、食べない方が良いでしょう。

食べる時はナトリウムと調和させて、加熱(陽性)します。

ジャガイモを生で食べる人はいませんよね。


キャベツ
順調に収穫できそうです。
c0125702_12292925.jpg



大根
大きくなってきました。
c0125702_1230459.jpg



人参ちょっと成長が遅いようです。
水不足か?
c0125702_12302488.jpg



スイカ
一個でもなるとウレシイ、期待してます!
c0125702_12305867.jpg



かぼちゃ
トシゾウ君に踏まれそうです。
c0125702_12325668.jpg



冬用のネギ
c0125702_12343299.jpg

今から食べるネギ
c0125702_12365917.jpg



畑の隣のお庭にはが!
毎年、いただいて佃煮を作ります。
c0125702_12362154.jpg




まだまだ畑(野原)は空いています。
野菜を作ってみたい人は一緒にチャレンジしましょう!
by chiwakomacrobi | 2009-05-19 12:49 |

ベーシック 2日目

今朝は雨と風が強く、ちょっと心配しましたが10時には全員集合。

昨日の続きの陰陽講座から始まり、マクロビオティックを学ぶ意味や調和の仕方などを考えました。

調理実習は陰陽の実験室。
カリウムとナトリウムの丁度良い加減を学びます。

良い加減=美味しい!

・土鍋を使った玄米の炊き方
今日もふっくら上手に炊きあがりました。
c0125702_2333027.jpg



・蕎麦の実と蕪のスープ
蕎麦の実を炒ってから炊きました。
c0125702_2351098.jpg



・蓮根ボール甘辛たれ
みんな大好き蓮根ボール!
c0125702_2363865.jpg



・豆腐のステーキ・野菜餡かけ
c0125702_2384558.jpg



・蒸し野菜
 味噌と醤油の2種類のドレッシング添え
c0125702_2395989.jpg


c0125702_23101674.jpg

c0125702_23103186.jpg


・おめでとう
玄米の小豆粥
c0125702_23115276.jpg



・蓮根と人参の炒飯
コリアンダーを刻み混ぜました。
c0125702_23123636.jpg



・ヨーグルト風のゼリー・キウイソースかけ
りんごジュースと豆乳とレモン汁と寒天と葛で作ります。
c0125702_2314835.jpg



・人参とレーズンの蒸しパウンドケーキ

超簡単!いつでも誰にでも作れるケーキです。
c0125702_231747.jpg



楽しく調理し、和気あいあいで試食会です。
2日間お疲れ様でした!

c0125702_23182746.jpg



皆様の笑顔!
最高に幸せな時です。

偶然はない、必然で出会うことができました。

HPを作ってくださったKINTAさん、ありがとうございます。
そして理解あるご家族の方々ありがとうございました。


また、再開を誓ってお別れです。




次回のベーシッククラスは6月13日(土)と14日(日)です。

ご参加をお待ちしています!!

by chiwakomacrobi | 2009-05-17 23:25 | ベーシッククラス

ベーシッククラス 1日目

今日からトラディショナルマクロビオティック・ベーシッククラスです。


私がマクロビオティックに出会ったのは20年前。
当時は桜澤先生の直弟子の先生方がご健在でした。

小川みち先生、山口久子先生、アヴェリーヌ先生や山本祥園先生などの諸先輩方に教えていただいたマクロビオティックの料理。
そして久司道夫先生のクシマクロビオティック理論を、一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています。

「マクロビオティックを伝える人を作る」ために、KIIX(クシインステチュード・インターナショナル・エクステンション)を始めましたが、現在はクラスに空きはありません。
おかげさまで満席状態です。



そこで、2日間でマクロビオティックが実践できる「ベーシッククラス」を開催しました。


今回は埼玉県草加市、新座市、千葉県流山市、茨城県石岡市、守谷市などから5名の方が参加されました。

午前中はマクロビオティックの基本的な考え方の講義です。

午後からは調理実習です。

・玄米の炊き方(圧力鍋を使う)
c0125702_2343718.jpg


・だしの取り方
・味噌汁の作りかた
c0125702_23434462.jpg



・甘い野菜のスープ
c0125702_23442265.jpg



・ゴマ塩の作り方
c0125702_23444620.jpg



・切干大根の煮物
c0125702_23452151.jpg



・きんぴらごぼう
c0125702_23461168.jpg



・ひじき蓮根
c0125702_23465236.jpg




・小豆かぼちゃ
c0125702_2347206.jpg



・煮しめ
c0125702_2348795.jpg



・りんごとレンズ豆のコンポート
c0125702_23482961.jpg



・豆乳豆腐

c0125702_23485759.jpg




昔からのお友達のように仲良くなりました。
c0125702_2353690.jpg


「マクロビオティックの料理はシンプルで美味しい!」
「本を読んで作っていても美味しくできなかったので来て良かった!」
「お砂糖や味醂を使わずに甘い!!」
などなど嬉しい感想をいただきました。

明日も10品作ります。

頑張りましょう!!
by chiwakomacrobi | 2009-05-16 23:54 | ベーシッククラス

バラが咲いた♪

四季の花々がクッキングスタジオを訪れた方々をお出迎えします。

これらの花々はシンさんの作品です。

チューリップが終わり、パンジー、クレマチス、バラ・・・
c0125702_1083195.jpg


今年はハーブ類も元気です。
c0125702_1085611.jpg


クッキングスタジオの駐車場の花壇です。
c0125702_1010663.jpg



正面の階段のポーチにもバラが咲きました。
♪バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが♪
このメロディーが浮かぶのは・・・アラウンド60・・・?

c0125702_10112482.jpg


c0125702_10114634.jpg

by chiwakomacrobi | 2009-05-15 10:18 | 風景


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧