<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

再びアマルフィです

今日で9月も終わりです。
朝晩涼しく、すっかり秋めいてきました。
かなり忙しく9月を過ごしましたので、夏のヨーロッパ旅行ははるか昔のような気がします。


早く写真の整理をしなくてはと写真を見たら、あの暑い日々を思い出しましたので書いてみます。


アマルフィの町を歩いたら、便利さとは程遠い暮らしが羨ましく思えました。

静かです。
c0125702_018319.jpg


狭い土地にどうやって家を建てたのでしょうか?
生活の為の水の確保は?
車はどこまで入れるの?
駐車場は?
c0125702_0191512.jpg


アーチの上に家を建て、上へ上へと建て増し、断崖にへばりつくように建物が密集しています。

c0125702_0193920.jpg



階段で出来た路地が続きます。
c0125702_0201590.jpg




外敵から侵入されたときの為に迷路になっているそうです。




アマルフィ町の中心にアラブとシチリアの両方の特徴のあるドゥオーモ大聖堂があります。
c0125702_0211425.jpg


c0125702_0214092.jpg



お土産にリモンチェッロと手漉き紙のカレンダーを買いました。

リモンチェッロの原料はレモンです。
c0125702_0342754.jpg



レモンのジェラードが一番人気だそうですが・・・お味はわかりません
c0125702_035254.jpg



急斜面にはレモン畑、街路樹もレモンの木でした。
c0125702_039478.jpg



日帰り強行軍のアマルフィへの旅は終り、ローマへ戻りました。
by chiwakomacrobi | 2009-09-30 23:41 |

愛のメッセージ・久司道夫先生講演会

27日は久司道夫先生の講演会・テーマは 「個から広がる世界平和」 でした。

地和子マクロビオティッククッキングスクールからは40人以上の方が参加されました。




「生久司は初めて!」の方がほとんどで、ワクワク!!ドキドキ!!

開場前から並ばれ、最前列に近いお席でお話を伺うことができました。


「皆様、こんにちは久司道夫です。
本物です。」

「この写真よりハンサムでしょう?」

と会場を笑わせます。

c0125702_192788.jpg

確かにこのお写真は??
本物のほうがズ~~とハンサムですよ。


16歳の時に神社で光に包まれ「すべては光、全宇宙は光」であると思われたというお話から講演は始まりました。


実際には3時間くらいの講演ですし、私の文才では書ききれませんので、ほんの一部をご報告いたします。


心はどこにあるのか?
自分とは何か?
天国とは?
地獄とは?

次々に素晴らしい早さでお話が展開していきます。

食べ物によっては悪い夢(妄想)を見るし、病気にもなっていく。
食べ物の選び方、調理の仕方、食べ方・・・によって天国にもなるし、地獄にもなる。



今こそ、古い考え方(民族、国など)を改めて「一つの人類」になり、
「人類愛」に目覚めなければ人類は壊滅状態になるだろうと警告されました。



今、世界中が抱えている様々な問題(食糧、エイズ、癌などの様々な病気、家庭の崩壊、人口の増加、エネルギー、温暖化・・・)をグラフや資料を使い、一つ一つ提示されました。

これら、すべての問題の解決にはマクロビオティックの考え方が必要であることを示されました。


人類の時代=愛の時代


先生の語られた「愛」「幸福」「夢」の定義です。

愛とは?

「その人、その人々の命と夢の糧となって死ぬこと」



幸せとは?

「幸福とは限りなき夢を追い求めてゆく毎日。
幸福は遠くにあるものではなく、生きていく限り夢を追い求める。
その毎日が幸福。」




夢とは?

「自分が無限であることを実証すること。
体験し、実現してゆくこと」



一人一人の夢は千差万別。

私たちは旅の途中であるから、自分が無限宇宙と一体化していることを学び続けよう。

天から
地から
人から
書から

最も大切なことは「命を知る勉強」



心を育て、次の世に生まれる準備をしよう。

不幸であったり、困難にぶつかったりしたときは、まず自分を振り返り自分を変えよう。


先生から様々な愛のメッセージが届きました。

「久司道夫」に出会った20年前の感動がよみがえり、自然と涙がこぼれてきました。




最後に宇宙の波動を先生の愛の波動を全員に届けてくださって講演は終了しました。


ふと見上げると、道夫先生の目にも涙が光っていました。



今回、参加された方々と、最高の瞬間を共有できてうれしかったです。




会場を出ると、現実に戻り 「お腹がすいた~~」

原宿の「ハナダ・ロッソ」に移動しました。

c0125702_18591986.jpg


20名でお邪魔しましたのでお店の中と外のデッキに分かれてスペシャルディナー

c0125702_18584682.jpg


c0125702_18593539.jpg



花田美奈子先生も一緒にパチリ。
c0125702_1903911.jpg

by chiwakomacrobi | 2009-09-28 19:00 | 講演会・勉強会

心の講演会

26日はパシフィコ横浜で開かれた「心の講演会」に行ってきました。

c0125702_10494174.jpg


10月で98歳になられる日野原重明先生と比叡山の酒井大阿闍梨のお二人のお話を聞くことができました。

日野原先生は「よき死に連なるよき生き方」をテーマに学者らしく統計や図表を使いながら講演されました。
1時間20分、舞台を歩き回り、会場を笑わせよどみなくお話になられました。

c0125702_10484520.jpg



続いて酒井大阿闍梨の千日回峰の映像が流れ、大阿闍梨が登場されました。

千日回峰は天台宗独特の不動明王と一体となるための厳しい修行です。


千日回峰行者は、白装束に草鞋ばき、もし途中で挫折すれば自ら生命を絶ち、絶対に後戻りできないそうです。

そして、その後9日間の不眠・不臥・断食・断水で不動明王と一体になる「堂入り」の行に入られます。

その時の心の変化などをお話ししてくださいました。
生きるのは辛く、死の誘惑は心地良いそうです。



9日間の不眠・不臥・断食・断水について、日野原先生は「医学の常識では死にます!」と笑っておっしゃいました。


お二人ともご自分の使命をまっとうされる為に生きて、何をすべきか考え続けていらっしゃるようです。

生きている間は「一日が一生」

大切な教えをいただき充実した一日となりました。

感謝、感謝の日々です。
by chiwakomacrobi | 2009-09-27 11:06 | 講演会・勉強会

マクロビオティックの先生とは?

23日は河口湖から小淵沢へ。

2009マクロビオティック・カンファレンスの最終日です。

地和子マクロビオティッククッキングスクールからの参加者のMakiさんとMiyaさんが待っていてくれました。

カノン先生と記念写真をパチリ。
c0125702_11362147.jpg



カンファレンス終了後は「エデュケーターズトレーニング」に参加させていただきました。

年に一回のこのトレーニングには全国から指導者が集まります。

京都からご参加の山本祥園先生は89歳。
10歳から桜澤先生のお弟子さんですのでマクロビオティック歴79年!!
今もお元気で一人暮らしをされています。

先生の元気なお姿が嬉しくてみんなでパチリ。
c0125702_11484917.jpg





環境や社会情勢が悪化し、未来に不安を感じる今こそ、マクロビオティックの普及が急がれます。
久司道夫先生から直接に指導いただきました。

今回のテーマ
《いま私たちが何を学び、何を人々に伝えなけえればならないのか?》


初めに道夫先生が、国や人種や宗教や民族を乗り越え、新しい時代に突入する時が来た。

The Era Of Humanity  (人類の時代)

人類愛に目覚めないと、一国ではどうしようもない時代になっているというお話をされました。

その中でマクロビオティックの存在は大きく、マクロビオティックを教える人(先生)の役目も重要です。

・先生の条件
・先生としての心構え
・先生としてしてはいけないこと

様々な先生方のご意見そして話し合い、道夫先生やみどり先生のご指摘などを受けながらセミナーは進みました。

愛とは何か?

人の道とは何か?


全人類が永遠に追い求める定義についても考えました。


いつの間にか先生と呼ばれ、傲慢病になり、最大最悪の病に罹った自覚もなく過ごしていく。

天から学び
地から学び
人から学び
本から学ぶ


学びを生涯続け、自分の無知を知る

その人の、その人々の生命(健康)と夢の為に糧となる。


セミナーが進むにつけ、深い反省とこれからの希望に心が震えました。

時間にしたらわずか4時間足らずでしたが、学びは大きくその場にいられた喜びと感謝でいっぱいです。



久司道夫先生からの伝言を多くの方に伝えていこうと思いました。
by chiwakomacrobi | 2009-09-25 12:26 | 講演会・勉強会

ベーシッククラス・受付中です

トラディショナル・マクロビオティック・ベーシッククラスはマクロビオティックの基礎をプライベートレッスンに近い形で学んでいただけます。

・初めてマクロビオティックを学ぶ方
・本を読んで作ってもなかなか美味しく作れないという方
・子育てや家族の健康や食事の悩みの解決法が知りたい方
・楽しく気楽に続けたいという方

ベテランのマクロビアンの方も歓迎です。


10月24日(土)と25日(日)の2日間

2009年の最終回の講座となりますので、お申し込みはお早めに!

お待ちしております。

http://chiwako.com/
by chiwakomacrobi | 2009-09-25 00:48 | ベーシッククラス

松本塾

松本塾で学ぶ為に河口湖に行ってきました。

21日はシルバーウィークの真っただ中、新宿発10時10分のバスが、河口湖に着いたのは2時半。

連休中、最高の人出!
渋滞にどっぷりとハマりました。

「松本塾」は松本先生の「マクロビオティックの料理の技と心を次の世代に教える」という夢の実現のために開かれた塾です。


1日目の調理
・南瓜の豆腐蒸し
・ピーマンの肉詰め
c0125702_0141448.jpg

・板麩巻き
・蓮根の博多蒸し
・コタンのトマト煮
・麩と茸の味噌汁
・玄米ご飯

c0125702_0952.jpg





2日目の昼食

・白玉の小豆南瓜かけ
・蕪と野菜の蒸しもの
・冬瓜のうず玉蒸し
・コタンのあられ揚げ
・椎茸の蓮の実揚げ
・きびまんじゅう(野菜餡)
・黒米のまんじゅう(栗餡)
・もみじおろし
・コタンの色紙揚げ
・お麩のお吸い物
・玄米ご飯

c0125702_010762.jpg





2日目の夕飯
・豆腐と茸の蒸しもの
・さつま芋の茶巾しぼり
・菊芋の胡桃焼き
・豆腐と野菜の蒸しもの
・キクラゲの佃煮
・牛肉もどき
・小松菜の胡麻和え
・冬瓜のうず玉蒸し
・蛇腹胡瓜
・白菜と人参の浅漬け
・三つ葉の味噌汁
・玄米ご飯
c0125702_037187.jpg



干し椎茸の茎を水で戻し、石の上で金づちでたたき、繊維をほぐすと肉のようです。
c0125702_0125093.jpg



菊芋は薄く切って塩をしてから食べます。
c0125702_0134253.jpg




マクロビオティックの基本は穀類を多く食べることと良く噛むことです。
良く噛めよの合唱です。
c0125702_016874.jpg



いつもニコニコ温和な先生ですが、調理の時は・・・・
動きが速すぎます!!



望診法の時間には「三脈」のとり方を習いました。
危機が迫った時でも脈の乱れがなければ、助かるそうです。
c0125702_0202957.jpg



松本先生の食養人生を楽しく話してくださいます。
大変、貴重なお話です。

マクロビオティックの人生を楽しみ、自由に生き、周囲の人々を助け、お手本となって生きていく姿勢に感動しました。


次回はいよいよ師範コースが6月から始まります。
再会を誓ってお別れしました。
by chiwakomacrobi | 2009-09-24 23:25 | 料理

導引

今日は講義の前に中級の終了式を行いました。

おめでとうございます!
c0125702_20595280.jpg


中級終了までには様々なご苦労がありました。
体調が整わず病院から通学されたり、お子さんが熱を出したり、お仕事が忙しかったりと・・・・

皆様の努力には頭が下がります。



そして、困難を乗り越え今日は上級コース・導引の授業です。
飯泉先生をお迎えして講義と実習をご指導していただきました。
c0125702_2164012.jpg



昼食タイムは恒例の「100回噛み」です。
5種類の豆の御飯
沢庵
三年番茶
c0125702_2175772.jpg



午後はチビ太くんも参加
c0125702_219974.jpg



柔軟性のチェックです。
ランナーのこうちゃんは男性ながら凄く柔軟です

100キロ走れる秘密は柔軟性?
c0125702_2195529.jpg



ヨガのインストラクターのマイコちゃんはさすが!!
柔軟なだけでなく、ポーズも美しいです
c0125702_21295222.jpg



私です。
柔軟性は全く無しかと思っていましたが、後ろで合掌ができました。

c0125702_2115144.jpg



終了後はティータイム。
スパイシーアップルケーキ生姜やシナモンが効いています。
c0125702_21162499.jpg




静かな有意義な一日でした。



飯泉先生には「導引の講座」を始めていただくことをお願いしています。
詳細が決まりましたらhホームページで発表いたします。




明日より「松本塾」ですので、河口湖に行ってきます。

23日は小淵沢に移動して久司道夫先生にお会いしてきます。


帰りましたらご報告させていただきます。
by chiwakomacrobi | 2009-09-20 21:26 | KIIX1~5期

ワイルドライスと焼きリンゴ

今回の5期のクラスは夏のエレルギー。
過ぎ去った暑い夏を思い出しながらの授業となりました。

お手当法
・トウモロコシのお茶
・ゴマ塩
・切干大根と干しシイタケのお茶
・ごぼうのお茶
・豆腐とクロロフィルのプラスター




調理実習
・ワイルドライス
玄米・長粒種(タイ米産)・インディアンライス(イギリス産)・黒米(茨城産)赤米(出雲産)
c0125702_11411683.jpg



・かぼちゃのスープ
c0125702_1142344.jpg



・かぼちゃの皮のきんぴら
c0125702_11421993.jpg



・中華風炒め物
c0125702_11423816.jpg



・昆布巻き
c0125702_11425845.jpg



・味噌いんげん
c0125702_1151167.jpg




・豆腐ファッジ
写真を撮り忘れましたので、4期のファッジをお借りしました。
c0125702_11443625.jpg



・蕎麦の実
c0125702_11445510.jpg



・小豆かぼちゃ
c0125702_11451311.jpg



・カリフラワーのクリアスープ
c0125702_11454890.jpg




・わかめと玉ねぎの味噌ビネガーソース
c0125702_11461433.jpg



・スチームドグリーン・醤油生姜ソース
c0125702_1146335.jpg



・焼きリンゴ・レーズン葛ソース

c0125702_11464912.jpg



今回の実習は調和がとれ、スムースな作業と美しい仕上がり・・・・お味がとても良かったです!

c0125702_11495397.jpg

by chiwakomacrobi | 2009-09-19 23:24 | KIIX1~5期

マクロビオティック移行期の食事

木曜コースはPart7の料理はマクロビオティックへの移行期の食事作りがテーマです。

典型的な現代の食べ物(添加物の入った加工品、肉類、乳製品、砂糖、人口甘味料、粉製品など)からナチュラルな素材を適切な方法で調理することに変えると、身体のバランスが整ってきます。

マクロビオティックに出会ってすぐに食事を変えることができる人もいますが、ご馳走を食べることが当たり前の現代人にはシンプルな食事を実行するのはは難しいようです。

そこで、マクロビオティックの食事法に近づくために、ナチュラルな素材を使い、正しい調理法で「ご馳走」を作ってみました。


フィッシュスパイラル
まず、人参と玉ねぎのみじん切りにアップルビネガーと塩を振りかけオーブンで焼きます。
白身の魚(たら)と人参、玉ねぎ、赤と黄色のピーマンをハーブを塗った車麩で巻き、焼いておいた人参の上に置きます。
車麩にオリーブオイルを塗り、さらにオーブンで焼き、照りをだしました。

c0125702_7462094.jpg




ポットパイ
セロリ、玉ねぎ、赤ピーマン、長ネギ、人参、マッシュルーム、枝豆、サトイモ、ニンニクを調理し、パイ皿に詰めます。
上に全粒小麦粉と地粉で作った生地を乗せ、オーブンで焼くと出来上がり。
c0125702_882948.jpg




ケサディーヤス
メキシコのトルティーヤにマクロの餅チーズ(玄米餅、豆乳、梅酢、白味噌)を使います。
黒豆とカラーピーマン、紫玉ねぎでメキシコ風に
c0125702_7475978.jpg




フレンチフライのオーブン焼き

野菜を揚げずにオイルと塩を塗ってオーブンで焼きました
c0125702_7482116.jpg



素敵なプレートが出来上がりました!!

c0125702_7501693.jpg


マクロビオティック料理は美しく美味しい!
c0125702_7584081.jpg



2期生は2年間ですべてのプログラムを終了するクラスでしたが、もうすぐ卒業。

11月26日(木)は卒業記念パーティーです。
皆様、美味しいマクロビオティック料理を楽しんでください。
ご参加お待ちしています!!

by chiwakomacrobi | 2009-09-18 08:07 | KIIX1~5期

アマルフィの5つ星ホテル・サンタ・カテリーナ 

ホテル・サンタ・カタリーナ(Hotel Santa Caterina)はクラシックな外観の、アマルフィ海岸で最高クラスの5つ星のホテルです。

c0125702_0291818.jpg


「アマルフィ女神の報酬」の撮影が行われたホテルで、ロビーには映画のポスターが飾られていました。
c0125702_0322641.jpg


フロントもエレガントで伝統な作りで古風な趣です。
c0125702_0331748.jpg


c0125702_0333763.jpg




地中海を見下ろす切り立った崖に建てられ、目の前には、アマルフィ海岸の美しい風景が広がっています。
c0125702_035134.jpg



c0125702_0534855.jpg



メインダイニングは、海に面したテラスからの眺めが素晴らしく、地中海は真っ青です。
c0125702_035469.jpg


c0125702_053554.jpg



旅行中で一番美味しいお食事でした。
海の幸のスパゲティ
c0125702_0413148.jpg



ハタのオーブン焼きレモンチェッロソース
c0125702_0415546.jpg


野菜のグリルとプチサラダ添え
c0125702_0421653.jpg



レモンのお菓子

c0125702_0424251.jpg


エスプレッソコーヒー
c0125702_0435749.jpg


食後酒 レモンチェッロ

c0125702_0442458.jpg


レモンチェッロは35度のリキュールです。
甘くて口当たりが良いので要注意!!

お酒に弱いので・…残念ながらお味見程度・・・美味しかったです!



次回はアマルフィの町の様子を書こうと思います。
by chiwakomacrobi | 2009-09-16 23:59 |


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧