<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

健康と平和のための未来食

「命は食にある」


これはマクロビオティックの創始者桜澤如一先生の言葉です。



日常の食事のなかには、これからの時代を健康に平和に生きるためのヒントがたくさんあります。


日本人が食べ続けてきた伝統食を復活させ、次の世代に繋げていくことが未来を明るいものにしてくれると思い、今回のGW特別講座を開催することにいたしました。




上手に放射性物質を排泄し、身体の免疫力を高める効果が期待できる食べ物や生活の知恵をお伝えいたします。


食材の選び方、調理の仕方、食べ方などを工夫して、あなたとあなたの家族の健康を守りましょう。





「健康と平和のための未来食」



5月7日(土)


 1回目 10:00~14:00

 2回目 14:00~16:00



講座内容は講義とクッキングデモストレーションと試食会です。


 ・小豆入り玄米ご飯の炊き方
 ・豆腐とワカメとキノコの味噌汁
 ・ひじき蓮根
 ・りんごとレーズンの葛コンポート
 ・糠漬け



受講料は3000円です。





本日よりお申し込みを開始いたしました。


地和子マクロビオティッククッキングスクールホームページ

「お申し込み」よりお願いいたします。




今、私達に何ができるのか?

マクロビオティックを通して何ができるのか?




マクロビオティック初体験の方も、マクロビオティッククッキングのベテランの方々も一緒に考えましょう。


たくさんの方のご参加をお待ちしています!
by chiwakomacrobi | 2011-04-29 18:51 | 講演会・勉強会

望診法とお手当法

 
知ることは自由への一歩である。

   知ることは自由を悟ることである。

   すべての苦痛は無知からくるものである。

   自分は何者なのかを知らない無知、自分は誰なのか。

   私たちは誰なのかを知らない無知。

   知ることは命の秘密をひも解くことである。

   そして健康と幸福と永遠の命への道である。
                      
            Michio Kushi




望診法の授業は久司先生の詩の朗読から始まります。

顔と臓器の相互関係を相対する上部、中央部、下部に分けて考えます。

・頬・・・肺と肺機能
・鼻先・・・心臓と心臓の機能
・目・・・腎臓
・眉間・・・肝臓
・額・・・肝臓
・こめかみ・・・脾臓
・額・・・腸
・耳・・・腎臓
・上唇・・・胃
・下唇・・・腸
・唇の周り・・・生殖器



次に伝統的なお手当法について家庭療法の意義、注意事項などを学びます。

マクロビオティックの食事法と一緒にお手当法を実践すると効果的です。


・飴葛湯
・甘い野菜のスープ
・梅醤番茶
・梅醤葛
・第一大根湯
・第二大根湯


調理実習は7品+1品です

・けんちん丼

c0125702_23535944.jpg




・黒豆時雨

c0125702_23543577.jpg




・よもぎ団子のすまし汁

c0125702_235578.jpg




・高菜の炒飯

c0125702_23553412.jpg




・八宝菜

c0125702_2356181.jpg




・長ネギのスープ

c0125702_23562180.jpg




・人参プリン

c0125702_23565085.jpg





・よもぎ団子の玄米飴かけ


c0125702_23572376.jpg




今日も美しく美味しく出来上がりました。

♪よくかめよ たべものを♪

c0125702_034460.jpg

by chiwakomacrobi | 2011-04-28 23:05 | KIIX9期

竜巻と給食ボランティア

昨日、東京から帰宅すると家の植木鉢が吹き飛ばされ、庭のフェンスが倒れていました。

???

雷雨でもあったのかと思っていたら・・・・


竜巻!!!


取手市でも屋根瓦が吹き飛んだり、プレハブの屋根が飛ばされたり、鉄骨が電線に引っかかったり、住宅の窓ガラスが割れたり・・・・


かなり大変なことになっていたのです。


我が家の被害はおかげさまで少なくてすみましたが、余震、竜巻・・・まだまだ茨城県の災害は続いています。




被災地でもある取手市ですが、福島県南相馬市から100名以上の方が避難して来られています。

被災された方々への救援物資の援助、給食ボランティアなど市と市民が協力して行っています。


今日は第2回 給食ボランティアの打ち合せ会が寺原公民館でありました。


c0125702_2226596.jpg




給食ボランティアは調理グループと配膳グループに分かれ活動しています。


今回は「地和子マクロビオティッククッキングスクール」グループとして調理ボランティアをさせていただく事になりました。



5月8日(日)

お昼ご飯と夕飯の2食作ります。

時間は8時30分~18時頃

場所は取手市寺原公民館 調理室
(取手駅集合、解散)

交通費、昼食代は自己負担。

(ボランティア保険は市が負担いたします)

エプロン、三角巾持参(マスク、手袋は市が用意しています)

ご協力いただける方はご連絡ください。
(コメント非公開またはメールまたは電話で。後ほど詳細をお知らせいたします)




ゴールデンウィークは現地にボランティアに行かれる方も多いと思いますが、取手の方も宜しくお願いいたします。
by chiwakomacrobi | 2011-04-27 22:28 | 日常の出来事

究極の苺ミルク

昨日、自由が丘のマクロビオティックスイーツの専門店

「パティスリー シンプルモダンマクロビオティック」

に行って来ました。


c0125702_1333496.jpg



オーナーのmizuno さんとの打ち合せの為にお店に伺ったのですが、ラッキー!

究極の苺ミルクの発売日だったのです!


その名も

「STRAWBERRY SOY MILK]


苺が大好きで苺をすごく愛して・・・ついに「苺研究家」となられたmizuno氏のこだわりの一品です。


・旬の苺・・昨日は越後姫
・氷を使わない・・摘んですぐに冷凍した冷たい苺でシェイクする
・白砂糖を使わない・・オーガニックアガペシロップと米あめの絶妙のブレンド
・オーガニック豆乳・・ヘルシー
・目の前で手作り・・出会いに感謝


オーナー自らにこにこ顔で作ってくださいました。

(大好きなことをする時はみんな嬉しくて楽しいですね)


c0125702_13322931.jpg



きれいです!!
美味しいです!!

まろやかでふんわりした甘さがゆっくりと広がり、幸せな気持ちになりました。


c0125702_13334076.jpg





サンドイッチと丁寧にいれた三年番茶もいただきました。

美味しかったです、ご馳走様でした!!


c0125702_13343477.jpg






このお店なら遠くからたくさんの方がランチやアフタヌーンティーを楽しみに来られるはずですね。



mizuno氏の苺パワーは留まるところを知らず、

ついにお店の前の通りは 苺ストリート となりました


苺ストリート記念イベント

4月25日~5月15日


自由が丘南口裏通り「苺ストリートのお店(協賛4店舗)」で1500円以上お買い物をされた方には

「究極の苺ミルク 1ドリンク無料券」

がプレゼントされます。




連休中に「究極の苺ミルク」を体験されてみてはいかがでしょうか?



とにかく、苺ミルクのおまけは嬉しかったですが、打ち合せも集中して5時間以上になりました。

これからの皆様に喜んでいただける企画や講座の構想がてきましたので、ご期待ください。



「美と健康、愛と平和・桜澤先生が残してくださったマクロビオティックの精神を世界平和につなげていきましょう」


「それぞれの思いの中から、自分に出来る事を発見して育てていきましょう」

とこれからの生き方をお互い再確認した一日となりました。




ありがとうございました!
by chiwakomacrobi | 2011-04-26 13:20 | 日常の出来事

玄米の散らし寿司とごぼうの味噌煮

今回のテーマはの一つ目は

「肉体と精神の問題・心と食べ物の関係」

近年、原因が不可解な事件や家庭内暴力、無気力、自殺、いじめなどの事件が後を絶ちません。
これは「根本的なところで間違っている」と感じている方も多いのではないでしょうか?

人が生きていく上で欠かすことのできない毎日の食事が個人や社会を作っていることを考えるべきでしょう。

肉体の病は精神の病となります。

環境と食が個人の心と身体の平和を作ります。

マクロビオティックが世界の平和につながっることを祈りながらみんなで学んでいきましょう。



極端な陽性の食べ物を食べると極端な陰性の食べ物が食べたくなります。


食事のバランス(陰陽のバランス)が崩れると心身ともに崩れていき、疲れが現れます。
しだいに症状がひどくなり不明瞭な思考、不平、不満、恐怖、執着、疑い、誤解、非難、差別、偏見、責任逃れ・・・・


正しい判断力からはほど遠い!!


今ほどマクロビオティックの食事法が必要な時代はありません。



次のテーマは

「5種の夢」

悪夢・人為的な事件の夢・カタストロフィの夢・断片的な夢・自然の情景の夢・高いところから落ちる夢


夢は食べた物に大きく影響します。

正しい食事をしているときは夢は見ません。



次のテーマは
「スティプルクオリティ」

塩、醤油、味噌、漬け物


日本人の知恵の素晴らしさ、伝統の力を改めて感じます。

添加物の害についても注意しましょう。

一番安心なのは、家庭で作る味噌や梅干しや糠漬けです。
一緒に作りましょう。



調理実習


玄米の散らし寿司


土鍋で炊いた玄米はさっぱりしていて散らし寿司のご飯にピッタリです。

柚子酢と梅酢で香り高い美味しい寿司飯になります。


具は干し椎茸、人参、蓮根、高野豆腐を重ね煮しました。

高野豆腐とターメリック、米あめ、塩で炒り卵(?)を作りました。


c0125702_743277.jpg





c0125702_7425998.jpg






ひよこ豆入り玄米ご飯


水に漬けたひよこ豆を混ぜて圧力鍋で炊きました。


c0125702_7452781.jpg





ごぼうと厚揚げの味噌煮

ごぼうは5ミリくらいの斜め切り
胡麻油少々を使い、よく炒めてアクを抜きます。
だし汁を入れ柔らかくなったら醤油を入れ煮込みます。
油抜きした厚揚げを上にのせ、その上に味噌をのせてさらに煮込み増す。
最後に全体を混ぜて、炒り胡麻をかけて仕上げます。

c0125702_7504532.jpg



c0125702_751775.jpg






高野サンド

c0125702_757862.jpg





ふろふき大根

c0125702_7532998.jpg





温野菜のサラダ

c0125702_754769.jpg





すくい豆腐のお清まし

c0125702_7564219.jpg





もち粟カスタード


c0125702_7574746.jpg





今日も美しく美味しく出来上がりました。

平和を祈りながらいただきます~~

c0125702_758372.jpg



次回の10期生の授業は5月15日です。

しばらく間が空きますが、お元気で!
お会いするのを楽しみにしています。
by chiwakomacrobi | 2011-04-25 07:54 | KIIX10期

お味噌に感謝!

「一日一回は味噌汁を飲みましょう」

マクロビオティックの基本の考え方です。


味噌汁は長い間、日本人の食生活の中心で命を支えてくれました。

そして今、味噌の効用が改めて見直されています。



味噌は古代からずっと使われていたようです。

縄文時代の遺跡からも「ドングリで作った味噌」が出土したそうですから、驚きです!!




味噌の効用効果を書いたらきりがないほど・・・
日本人に最適な食品といえるのではないでしょうか。

微生物による発酵の力に感謝ですね。




味噌には米味噌、玄米味噌、麦味噌、豆味噌等々・・

いろいろな種類があるのでどれを使ったら良いか?迷いますね。



基本的には味噌は大豆と麹と塩で作られていますが、市販の味噌の中には様々な添加物が入っている物もあるようなので注意が必要です。

添加物が入っていない物を選ぶのは基本ですね。




大豆に麹をつけた豆麹のみで仕込むと豆味噌になります。
米や麦に麹をつけて米糀、麦糀を作り、大豆と仕込むと米味噌、麦味噌なります。




 豆麹は美味しい味噌になるまで3年かかります

 米麹は一晩で甘酒をつくってしまうほど熟成が早いです

 麦麹は中間です。



味噌は地方や家庭によって様々に作られますので、陰陽の判断は難しいのですが、
一般的には豆味噌、麦味噌、米味噌の順で陽性と言えます。


ゆっくり熟成(発酵)していくものの方が早く熟成するものより陽性ですし、
麦につく麹菌は丸い形、米につく麹菌は楕円形だからです。
(楕円より丸の方が陽性)


作りたての味噌よりも長年熟成させた味噌の方が陽性です。

薄塩より塩が多い味噌(塩辛い味噌)の方が陽性です。




マクロビオティックの基本の味噌汁は豆味噌と麦味噌を3対7や4対6の割合で作りますが、季節や環境や体質で変化させます。



春から夏には麦味噌

夏は米味噌

秋から冬は豆味噌

季節によって中心となる味噌の割合を変えていくと良いでしょう。



だしには昆布を使い、味噌汁の具には季節の野菜を使います。

玉ねぎと豆腐、玉ねぎとかぼちゃ、キャベツと人参、大根と大根葉など様々に組み合わせ、
青い菜葉(ケール、クレソン、三つ葉など)も最後に加えると良いでしょう。




味噌汁の効用を最大限に生かすためには

・毎回できたてを食べるようにする

・味噌を入れたら沸騰させない





味噌汁以外に煮物、炒め物、漬け物、和え物などの料理にも味噌を使いましょう。



豆腐の味噌漬けを作りました。

水切りした木綿豆腐を味噌に漬け込み、冷蔵庫で2~3日・・豆腐チーズ!?

c0125702_18325956.jpg




菜の花を塩茹でして味噌と玄米酢と米あめと溶き辛子で和えました。


c0125702_18332165.jpg





「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」


江戸時代のことわざにあるそうですから、現代人も様々な味噌汁や味噌料理を楽しみましょう。


お味噌に感謝です!!
by chiwakomacrobi | 2011-04-23 18:40 | 料理

大切なもの

オーガニックカフェ知恵の木さん のrottaさんが札幌から来られました。


新三郷のIKEAで待ち合わせ、ランチと買い物。


震災以来、初めてのIKEAです。
いつもは長蛇の列のレジも・・・・

c0125702_16443123.jpg


節電の為かちょっぴり(かなり)静かです。




夕食にシンさんが蕎麦を打ちました。

c0125702_16463656.jpg



c0125702_16472134.jpg



「シンさんの蕎麦は美味しい~~」

c0125702_16474259.jpg




天ぷら(ウド、蓮根、さつまいも、かぼちゃ、舞茸、さやえんどう)

c0125702_16494983.jpg





久し振りの再会におしゃべりが止まりません。


これからの世界を生きていく為には人と人のつながりが大切。

友情と信頼。

家族と愛情。

目に見える現実社会(陽の世界)をしっかり生きながらながら、見えない世界(陰の世界)を大切にして暮らしていきたい・・・・


これからのマクロビオティックの世界を融合させて、協力して頑張りましょう。


・・・と、話しはつきません。




おしゃべりすることで思いの整理が付いてきます。


3人のお子さんを育てながらマクロビオティックの勉強を続けられ、カフェのオーナー&シェフ、マクロビオティッククッキングの先生・・・

一人何役??

いくら忙しくても、髪を振り乱さず、整然とシンプルに生きる姿は美しくいつも憧れてしまいます。




朝食にはブラウンマウンテンベーカリーの「フォーグレイン」を食べていただきました。
(ちょっぴりですが冷凍保存で取っておいたのです)


「本当に美味しいわ!」

c0125702_1775732.jpg



夏ミカンのママレード、蕗味噌、豆腐の味噌漬け、ブロッコリー、りんごのコンポート、デコポン

そば湯の味噌スープ




いつも明るく元気なrottaさんに、私もいっぱいの元気と気付きをいただきました。


「有り難いな、友達は」



c0125702_17104856.jpg





お見舞いには北海道の昆布や小豆、rottaさんのお手製の人参パンなどをいただき感謝です。

お気遣いをありがとうございました!


c0125702_17121568.jpg





人参の香りと甘味が最高です。

「友情と美味しいパンをありがとう!」

c0125702_17132932.jpg

by chiwakomacrobi | 2011-04-21 12:12 | 日常の出来事

これからの世界を考える

桜も満開を過ぎ、すっかり春めいてまいりましたが、相変わらず余震が続いています。

グラグラとゆれる度に、被災地の方々も不安な気持ちで過ごしていらっしゃるだろうと思い、胸が痛みます。


日本中に日常の暮らしと笑顔がもどることを心からお祈りいたします。





「震災後の世界はどうなるのか?」

「これからどう生きるのか?」 

「子供達の未来は?」

「地震はいつまで続くのか?」

「放射能は?」

私達の判断力が試される時が来ました。

そこで、未曾有の災害が続くこの時代にマクロビオティックに出合った意味を考え、これからの運命を変える為に松本光司先生をお招きし、お話を伺うことになりました。



松本光司先生はマクロビオティックの創始者の桜澤如一先生、リマ先生に師事し直接教えを受けられた方です。


c0125702_17281294.jpg



先生に「心と体を守る食養料理」を教えていただきながら、 「これからの世界」 を考えて行こうと思います。





5月14日(土)11時~14時

「心と体を癒す料理」(仮題)

食養料理のデモストレーション&試食
講演&質疑応答


受講料 5000円



お申し込み開始

5月19日(火)10時~


地和子マクロビオティッククッキングスクールのホームページより


(KIIXコース、インストラクターコースの方もHPよりお申し込みください)




松本光司先生には大変ご多忙の中、お越しいただきますことを
心より感謝申しあげます。



その他のイベントも「メルマガ」でお知らせしています。

皆様のお申し込みをお待ちしております。
by chiwakomacrobi | 2011-04-17 15:41 | 講演会・勉強会

マクロビオティックお花見弁当

KIIX9期は1ヶ月ぶりの再会です。

みなさんがそれぞれの日常にもどられた様子に一安心しました。


今日の講義は肉体と精神の問題・心と食べ物の関係・五種の夢・ステイプルクオリティ(塩・味噌・醤油・漬け物)と盛りだくさんでした。


食品を選ぶときには、放射能だけに目を向けずに、防腐剤や合成甘味料や合成保存料や着色料にも注意する必要があります。


いろいろな情報に惑わされずに、自己判断力で安全な食品を選んでいきましょう。





調理実習では8種類の料理を作りました。


ひよこ豆入り玄米ご飯
 
ひよこ豆は水に漬けておき、玄米と一緒に圧力鍋で炊きました。

ひよこ豆はチクピー、ガルバンゾ、チャナ、エジプト豆とも言われ、世界中で食べられています。


c0125702_10124116.jpg



沸騰してから弱火で28分、蒸らし15分

しゃもじで十字に切って天地を返します。


c0125702_1014664.jpg





玄米の散らし寿司

玄米は土鍋炊きにするとさっぱりとふっくらと炊きあがるのでお寿司ご飯に向いています
c0125702_10163853.jpg




蓮根は薄切り
c0125702_101722100.jpg




人参、高野豆腐、干し椎茸と一緒に煮ました。

c0125702_10183846.jpg




飾り用の炒り豆腐は高野豆腐と塩とターメリックと米あめで作ります。

c0125702_1020014.jpg




紅生姜、絹さや、ブロッコリーの花などを飾ると春のお寿司!

c0125702_1021553.jpg






高野サンド

下味を付けた高野豆腐に蒸し煮した人参をはさみ、海苔を巻いて揚げます


c0125702_1023117.jpg




c0125702_10231934.jpg




c0125702_1023435.jpg







ふろふき大根

玄米を煎ってから袋に詰め、昆布と椎茸の出汁で煮ます。

c0125702_1028756.jpg



味噌と柚子の絞り汁で練り味噌を作ります。

c0125702_10305427.jpg





温野菜のサラダ

土鍋を使い、里芋、蕪、キャベツ、白菜、かぼちゃ、ブロッコリーを蒸しました。

醤油と柚子でノンオイルドレッシング

c0125702_1033358.jpg






ごぼうの味噌炒め煮

ごぼうはアクが抜けるまで炒めます(15分くらい)
油抜きした厚揚げを加え、味噌で煮込みました。

c0125702_10355836.jpg



c0125702_10362188.jpg






すくい豆腐のお清まし


昆布出汁に塩と薄口醤油で味付けます。
椀種は寄せ豆腐とエノキ茸。
花人参とふのりを飾りました。

c0125702_10394831.jpg





もち粟(あわ)りんごカスタード


リンゴジュースで粟とりんごを炊きます。
適量の塩が甘さを引き出します。

c0125702_10452152.jpg




c0125702_10454674.jpg





一皿に盛りつけて・・・

「春のプレート」

c0125702_104781.jpg





お弁当箱に詰めて


「お花見弁当」

c0125702_10494728.jpg





満開の桜の下で食べるマクロビオティックのお弁当は最高の癒しとなりました。

(みんな自分では気がつかないうちに余震と放射能で疲れていたのですね)



c0125702_1052121.jpg



「被災された方々へ暖かいお弁当をお届けしたい!」


生かされている事への感謝を込めてお花見をしました。


c0125702_1054314.jpg



いつもと変らずに美しい花なのに、静かで寂しい色をしているように思われます。


c0125702_10562059.jpg





c0125702_1058035.jpg




c0125702_10593981.jpg





おかげさまで生かされている私達の出来る事はお詫びと感謝を祈り続けることかもしれません。
by chiwakomacrobi | 2011-04-15 10:23 | KIIX9期

4年目の味噌

「放射線に対する味噌の効果」について色々な情報が出ていますが、味噌汁はマクロビオティックを実践している人には基本中の基本です。

炊きたての玄米と作りたての味噌汁と糠漬け


最近、「日本の伝統的なあたりまえの食事」が脚光を浴びています。


困難な時ほど、主食を増やし副食を減らしたシンプルな献立が良いですね。

特に味噌汁!!

効果はバツグンのようです。




玄米や味噌を食べることによって身体に入った(口から)放射線物質を少しは排泄できるかもしれません。


発酵の力なのか?
麹の力なのか?
塩の力なのか?
大豆の力なのか?

とにかく「味噌汁は毎日飲みましょう」


新しい(作りたての)味噌は効果が期待できませんので、
3年以上は寝かせたものがあれば最高ですね。



今日は2007年にシンさんが仕込んだ味噌の封を切りました。



丸4年
たった味噌です。

大豆・・・1キロ
米麹・・・1キロ
自然塩・・・500グラム


c0125702_2293872.jpg




蓋にしていたラップの上に白い黴が少々見えます。


c0125702_22105442.jpg





黴を取りのぞき、天地を返します

c0125702_22115764.jpg



計ってみたら3.4キロありました。


c0125702_22243455.jpg



香りの良い美味しい味噌になっていました。

c0125702_22141637.jpg




しばらくは、このお味噌で乗り切ろう!!

4年目の味噌に感謝です。
by chiwakomacrobi | 2011-04-13 22:21 | 料理


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧