<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

マクロビオティックシェフの誕生

インストラクタークラスのrumiさん(6期卒)がマクロビオティッククッキングシェフとしてデビューしました。



ライブラリー・カフェ 「然々」さんは木々に囲まれた素敵なカフェです。


c0125702_1255810.jpg




c0125702_12553489.jpg




c0125702_12574035.jpg






rumiちゃんのご飯が大評判!!

c0125702_12562210.jpg





「新緑のカフェランチ」をいただきました。


c0125702_1251332.jpg




豆腐とコーンのカルボナーラ

「玉子を使っていないの?」と言われるくらい、コクがあって美味しいです。

c0125702_1261018.jpg




夏野菜のラタトューユ・全粒クスクスを添えて

ハーブとクスクスが地中海風です。

c0125702_1284653.jpg




車麩と人参の肉団子風揚げ

車麩でサクサクな食感の軽い野菜ボールと甘辛たれが良いですね。

c0125702_12113635.jpg




ひじきと赤玉ねぎのマリネ

さっぱりとした一品です。
夏のプレートになりました。

c0125702_12123858.jpg






朝取り野菜のフレッシュサラダ


オリーブオイルと米飴を使った甘めのドレッシングが苦味のある夏野菜を引き立てています。

c0125702_12164592.jpg




玄米ご飯

圧力釜で炊いたもっちり玄米は定番です。
新潟の秋山農園(アフコさん)のお米ですから超美味しい。


c0125702_12171597.jpg








スイーツは2品

三年番茶のゼリー&りんごのスムージー


三年番茶の苦味と風味が爽やかです。

夏は冷たいスイーツが最高!


c0125702_1227872.jpg




素敵な空間でいただきました。

c0125702_12291811.jpg




c0125702_12295523.jpg



ランチの後に、ソイラテをいただきました。

c0125702_1344572.jpg



どのお料理もrumiちゃんのおもてなしの心がこもっていました。
マクロビオティッククッキングの基本をしっかりと学び、その上でオリジナリティをめざした素晴らしい料理でした。



ご馳走様でした!!



オーナーさんも自然体の素敵な方でした。

ありがとうございました!!





本がいっぱい!

図書館の棚???

ここはライブラリーカフェです。

c0125702_12312789.jpg







マクロビオティックのランチは毎週火曜日のみです。

ランチ1300円、スイーツ300円

売り切れてしまいますので、要予約!!


土曜日の夜はマクロビオティック料理とイベントが楽しめるそうです。

こちらもHP又はお電話でお問い合わせください。



ライブラリーカフェ「然々」
add. ひたちなか市松戸町2-8-17(松戸体育館横)
tel. 029-354-5354
●JR常磐線勝田駅より、車で10分
●駐車場有り(50台まで)

by chiwakomacrobi | 2011-06-28 12:32 | 料理

初級終了!!

10期生もPART3の最終回。

今回で初級が終了です。


今回の授業は望診法の2回目

人間の肉体的、心理的性質がどのように作られていうかを考えます。

・両親や先祖の健康状態
・生殖細胞の質
・妊娠と誕生日
・生まれ育った場所
・母親の食べ物(妊娠中)
・幼児期の食べ物
・家庭、社会、文化的影響


これらをまとめると

人は環境と食によって作られ、変化していく事がわかります。



それぞれの環境、それぞれの食で「人」となります。



特に影響を受けやすいのが、お母さんの食べ物と幼児期の食べ物です。


「三つ子のたましい、百まで」



ことわざ通りに、幼児期の食事が大きくその人の運命を変えていきますので、

母親のはたす役目は大きいと言えるでしょう。



次はお手当法

・椎茸茶・・・解熱作用、動物性脂肪の分解
・蓮根湯・・・呼吸器
・生姜湿布・・・血流を良くする
・生姜オイル・・・関節痛、リューマチの痛み
・豆腐プラスター・・・炎症、腫れ、熱、やけど、歯痛、打ち身
・里芋プラスター・・・過剰摂取の蛋白質、脂肪の吸い出し

※どのお手当法も、大切な事は食事!!

マクロビオティックの食事をしてお手当することが原則です。




調理実習


青シソと白ゴマの玄米ご飯

c0125702_2158506.jpg





小豆と小麦の煮物

c0125702_2159318.jpg




c0125702_21595243.jpg





c0125702_2201578.jpg






セロリと白菜のクリアースープ
クレソンとクルトン添え

c0125702_220466.jpg





わかめサラダ
豆腐と梅干しのドレッシング添え


c0125702_2241358.jpg



c0125702_2231933.jpg





中華風野菜炒め
葛ソース

c0125702_2235824.jpg





5種類のおはぎ
小豆、きなこ、青のり、黒ゴマ、とろろ昆布


玄米(うるち米)と玄米もち米を混ぜて炊きます。



c0125702_2245030.jpg



c0125702_22195238.jpg




c0125702_2292717.jpg






ごぼうと人参と高野豆腐のきんぴら

c0125702_2262268.jpg





カリフラワーとブロッコリー
生姜醤油とレモンのドレッシング


c0125702_2264968.jpg




焼きりんご

麦味噌、タヒニ、レーズン、胡桃を詰めてオーブンで焼きました。


c0125702_22112575.jpg




c0125702_2211482.jpg





クスクスとドライフルーツのケーキ


c0125702_2271345.jpg




c0125702_2273897.jpg




c0125702_2275990.jpg








完成したお料理を前に記念写真です。


初級終了おめでとうございます!!



c0125702_22151099.jpg



今日も美しく美味しいマクロビオティック料理の完成です。



c0125702_22124085.jpg


たくさんの感謝を込めて

「いただきま~~す」



c0125702_2217332.jpg




次回から中級です。


一緒に頑張りましょう!!
by chiwakomacrobi | 2011-06-27 22:00 | KIIX10期

五行:春のエネルギー

9期生は今回からINTERMEDIATE COURSE(中級)です。

春のエネルギー(上昇のエネルギー)は新緑の木のイメージです。


時間は朝

色は青(碧)

味は酸味

穀類は麦

豆はひよこ豆

野菜は葉野菜

海藻はわかめ

発芽した物(スプラウト、もやし)

発酵食品(納豆、テンペ、梅干し)

甘味は麦飴

調理方法は煮たり、おひたしにしたり

漬け物は軽くプレスした物


臓器は肝臓、胆嚢にあたります



調理実習です。

麦入り玄米ご飯
(押し麦と丸麦)

c0125702_024014.jpg





セイタン作り

c0125702_0245599.jpg



c0125702_0251839.jpg





セイタン入り大豆のシチュー

c0125702_0254434.jpg



c0125702_026873.jpg





ひじきのソテー入りご飯

c0125702_0243297.jpg






アップルクランチ

c0125702_0263764.jpg





南瓜とミレット

c0125702_0265963.jpg



c0125702_0272037.jpg





揚げクルトン入りの味噌汁

c0125702_0275023.jpg





人参とごぼうのきんぴら

c0125702_0281437.jpg





あらめ蓮根

c0125702_02838100.jpg





甘酒チェリープディング


c0125702_029596.jpg



c0125702_0292834.jpg





今回も美味しく美しく出来上がり、楽しい試食会です。


c0125702_0295020.jpg




いただきま~す
by chiwakomacrobi | 2011-06-24 23:30 | KIIX9期

台湾素食旅行④迪化街

台北では必ず迪化街に行きます。


ここは乾物、漢方薬、布地などの問屋街です。

古い時代から栄えた街なので、レンガ造りの建物が多く、ノスタルジックな雰囲気です。


c0125702_2139158.jpg






ちょうどお祭りでした。

c0125702_21393676.jpg




c0125702_21394870.jpg




c0125702_2140052.jpg




神様もお疲れ、休憩。

暑くて大変です!

c0125702_21402875.jpg



背の高~い神様で、ちょっと怖いです~~

c0125702_21414949.jpg




c0125702_21422753.jpg




いつもの「永樂市場」の中は食料品店や衣料店に人がいっぱい溢れていますが、今日は外のお祭りを見ているのですいていました。


包子のお店も品数が少なく、お祭り用の桃まんばかりです。

c0125702_2144795.jpg




いつもの「ベジマン」や「松の実やクコの入った包子」が無い(泣)

c0125702_21451131.jpg






縁結びの神様で有名な「霞海城隍廟」も人人人で通れません。

c0125702_21467100.jpg




c0125702_21462067.jpg




京劇(?)のような物もやっていました。

c0125702_2146511.jpg





迪化街は地元の人でいっぱいで歩けないくらい混み合っていました。

そして、話ができないくらいの大きな音です!!

ぷ~ぷ~~笛(?)の音

バババババァ~~ン 爆竹の音



いつもは安くて豊富な品揃えが魅力的なところですが、今回は買い物がしづらかったです。

とにかくお店の人と話ができないのです!!


c0125702_21491431.jpg




c0125702_21492862.jpg




c0125702_21495012.jpg







台湾産の椎茸や蓮の実や栗の実、クコの実、胡桃、ドライフルーツなど種類も多く、小売りもしてくれます。


ただし、日本語や英語はあまり通じません。

筆談が一番です。


クレジットカードも使えるお店が少ないので、台湾ドルが必要です。

by chiwakomacrobi | 2011-06-22 11:43 |

無双原理で平和な世界を

久し振りに、つくばの兎龍先生をお訪ねしました。


今日は、京都で開催された「桜澤如一とリマの顕彰会」の様子や「千島学説研究会セミナー」で兎龍先生が発表された時のお話を伺うことができました。


顕彰会には、渡辺昌先生が来られていたそうです。

(渡辺先生は医師で病理学者で疫学者で栄養学者です)


国立がんセンター研究所で、癌や循環器疾患予防の研究をされていたそうですが、ご自分が糖尿病になったのをきっかけに食事と運動の研究を始めました。

統合医療、食養生の研究の結果、桜澤先生の無双原理の思想に行きつきました。




「無双原理が世界に広がれば、あっという間に本当に世界平和がくる」




渡辺先生は朝昼晩と玄米しか召し上がらないそうです。





そして、兎龍先生が講演された千島学説研究会セミナーのお話も伺いました。



「血小板の激減を正常にする 
16日間の記録」


これは実際に兎龍先生が体験された事なので、説得力が違います。




どちらの先生も桜澤先生の無双原理の思想を研究され、それを実践され、真実を見つけられました。






これからの時代に必要な事は、宇宙の秩序(無双原理)を理解して、自分と宇宙(自然)の関係を見直す事では無いかと思いました。




「この世はすべてスパイラル

すべての現象は陰陽の現れであり、

陰陽の調和」




道夫先生の言葉が聞こえてきます。






・・・遙かに遠い道ですが・・・
by chiwakomacrobi | 2011-06-21 18:46 | 講演会・勉強会

台湾素食旅行③

またまた台湾のお話です。

台湾は亜熱帯の国、夏は猛暑で40度くらいになるそうですが、今回の台北は昼間が暑い(30度くらい?)けれど夜は少し涼しく(27度くらい)快適でした。


時差も1時間。
飛行時間も3時間半くらいですからとても近い国です。


台湾に何度も行きたくなるのは、ベジタリアンのパラダイスというだけでなく、台湾で出合う人々がとても親切でだからです。


地図を開いて確認していると、必ず誰かが声をかけてくれます。
自分が回り道をしてでも案内してくれる人もいます。




そんな親切の国台湾が今回の震災にもたくさんの義援金を日本に送ってくれました。


どこの国より早く、多額の義援金を!!

3月末には「100億円」

正直、驚きました。



国土が九州くらいの小さな国で、人口も日本の5分の1

物価も安いので、貨幣価値も違うのではないでしょうか。




その後もさらに支援金は増え続けて190億円くらいになったそうです。




本当にありがたいことです。

これに対する感謝の心はどうやって表せば良いのでしょうか?





日本は国としては、台湾に正式にお礼を述べていないようです。

「それではあまりにもひどい」と言うことで民間レベルでお礼を言ったそうですが・・・・



中国にはお礼をしても台湾は無視、これも政治的な事からなのでしょうか?



台湾に行くまでは、何だか恥ずかしく、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

今回の旅行では個人的に「台湾にお礼しよう」との思いで出かけましたが、

台湾の人は「困っている人を助けるのは当たり前」と思っているようです。






台北には多くの寺院や教会があるので、それぞれがたくさんの義援金を集めてくださったようです。


「龍山寺」

c0125702_03290.jpg



c0125702_035826.jpg




c0125702_044816.jpg




c0125702_813882.jpg






「保安宮」

医療の神様です。

c0125702_063529.jpg




c0125702_073332.jpg





c0125702_08298.jpg




キリスト教の教会でも平和の祈りと義援金集めをしていました。

c0125702_09752.jpg






たくさんの助け合いの精神と愛を感じ、改めて有り難いことと思いました。



今回の震災では本当の友人の存在を知り、人が生きて行く上で、何が大切かを学んだような気がします。



感謝です!

ありがとうございました!
by chiwakomacrobi | 2011-06-20 22:03 |

梅干し作りと梅干し&梅酢料理講座②

・・・続きです。


講座の後半は、梅干しを使った料理4品と梅酢を使った料理2品のご紹介です。





ごぼうの梅煮

ごぼうを土鍋に入れて水を入れ、梅干しを1本に1個入れます。

これを3日3晩煮続けます。

(外出時と夜は火を消しましたが、本来は煮続けます)



c0125702_1921486.jpg




c0125702_1922176.jpg




もっと良く煮ると真っ黒になり、甘くなります。


c0125702_1953192.jpg



1回に「5センチくらい」食べます。

※食べ過ぎない事!!



c0125702_19561472.jpg





梅干し入り炊き込み玄米ご飯

1カップに1個の梅干しを入れて圧力釜で炊きます。


c0125702_19295287.jpg




梅酢をつけてにぎると腐りにくいおにぎりになります。




梅干し入り炊き込み玄米ご飯の青シソ巻

c0125702_1929499.jpg





梅干し入り炊き込み玄米ご飯の
ゆかりと白ゴマのライスボール

c0125702_19292894.jpg







梅干しととろろ昆布のお吸い物


梅干しをちぎり、とろろ昆布と醤油を加え、三つ葉をいれます。
お湯を注ぐだけで美味しいお吸い物になります。




c0125702_19351832.jpg




c0125702_19353787.jpg





梅干しと夏野菜のマリネ


梅をたたき、梅酢や塩、薄口醤油、オリーブオイル、米飴と混ぜ、さっと火を通した夏野菜を漬け込みました。


c0125702_1940292.jpg




c0125702_19382298.jpg






大根の桜漬け


c0125702_19402861.jpg




梅味烏龍茶の淡雪羹・黒蜜かけ


c0125702_19411658.jpg





c0125702_19414715.jpg





日本人が世界に誇る知恵


  梅干し




先人の知恵に感心し、それを伝える事の大切さを改めて感じながら、感謝していただきました。


c0125702_1942410.jpg




来年も一緒に梅干しを漬けましょう!!

by chiwakomacrobi | 2011-06-19 19:13 | 講演会・勉強会

梅干し作りと梅干し&梅酢料理講座①

「梅干し作りと梅干し&梅酢料理」の講座をしました。




梅干しは完熟した無農薬の梅を使います。

青い時はザルに広げて2~3日追熟させます。

c0125702_18103271.jpg





今年の梅干しは、なずなの塩とキパワーソルトで漬けました。

自分で漬けるときは最高の塩を使いましょう。


なずなの塩は1キロ2,750円
キパワーソルトは1キロ5,040円



今回は梅の重さの20%+αの塩を使います。

コツは塩代をケチらないこと!!



c0125702_18114045.jpg




梅は1個1個ヘタを取り、35度の焼酎をさっとくぐらせます。

c0125702_1816197.jpg





重しは水!!


厚めのビニール袋を3重にして、梅と同量の水を入れて、梅の上に乗せます。


c0125702_1819323.jpg




普通は梅酢が上がってきたら重しを変えますが、水袋の場合は比重によって浮いてくるのでそのまま乗せておいて大丈夫です。


シンさん曰く「ピタゴラスの定理」

だそうです??




c0125702_18223846.jpg







次は青梅で梅酒作り


焼酎は玄米焼酎を使います。



玄米焼酎は1.8リットルで3,000円くらいですから奮発しましょう。

(ホワイトリカーは合成酒)


c0125702_18251953.jpg




お砂糖は入れなくても良いのですが、良い黒砂糖が手に入りましたので使います。

梅・・・1キロ
焼酎・・・1.8リットル
黒砂糖(お好みで)・・・400グラム(加減する)




沖縄の小浜島のサトウキビから作られています。


c0125702_18265679.jpg





次は座学です。

梅干しの効果効能と使い方、梅酢の効果効能と使い方



梅干しも梅酢も古いものが貴著品です。


年代物が良いのです。


新しい梅干しや添加物が入った物や塩が薄い物では薬効は期待できません。


伝統的な漬け方の梅干しは塩が梅の重さの25%~35%です。

※最低でも3年間はねかしておいて、すぐには食べません。


梅干しが健康食品として優れているのはなぜでしょうか?

梅は非常に陰性な食品ですが、塩と重さと時間をかけると陽性に転化されます。


「陰が転じて陽になる」


昔から旅には必ず梅干しを持って行きます。

殺菌効果があるので、水あたり食あたりを防いでくれます。


梅肉のエキスは一時的に腸内を酸性化させ、進入してきた細菌を死滅させるようです。

そして、腸壁から吸収されるとアルカリ性に変り、体液と血液を弱アルカリ性に保ちます。



梅干しは

「スッパイ!!」


この酸っぱさはクエン酸です。

クエン酸は乳酸の過剰発生を防ぎ、乳酸を排出させます。

梅干しを舐めていると疲れない!


そして今、梅干しが大注目な理由が・・・・


クエン酸は放射性物質を体外に排出する!!!





こんなに大切な梅干しです。


自分で納得がいく梅と塩で漬けましょう!







我が家では壺に入れて保管しています。


宝物です!!


c0125702_18334276.jpg




40年以上経った梅干しです


c0125702_1934430.jpg






梅酢も年代別に並べてみました。


c0125702_18342796.jpg




バルサミコと同じで年代物の方が味がまろやかで美味しいです。



参加された皆様には2008年製の梅酢をプレゼント


c0125702_1836178.jpg



梅酢を持って、にっこり!






今回の講座は盛りだくさん

この後は梅干しを使った料理と梅酢を使った料理のデモストと試食会です。



・・・続きます・・・
by chiwakomacrobi | 2011-06-18 23:39 | 講演会・勉強会

台湾素食旅行②

私の台湾素食は「台湾素食―たいわんすーしー・目からウロコの健康食」という漫画の本から始まりました。



著者の小道迷子さんとチャンさんの個性溢れる台湾素食情報は正確です。
紹介されたお店はみんな美味しい!!



今回は以前から行ってみたかった

春天素食餐廳
(チュンティエン・スースー・ツァンティン)


でランチを食べました。


c0125702_17414837.jpg





ランチは500元(1400円くらい)

100元でランチが食べれる台湾では少々高めですが、満員です。


c0125702_17432435.jpg




有機野菜のサラダも充実しています

c0125702_17434851.jpg




c0125702_17443234.jpg




もちろんお刺身も素食です。

c0125702_17445776.jpg




c0125702_17461986.jpg





c0125702_17464764.jpg




素食のお店ではお坊さんや尼さんの姿をよく見かけます。



c0125702_17472160.jpg




野菜炒めは有機野菜を選んでオーダーします。

c0125702_17474968.jpg



c0125702_17563038.jpg





はと麦のデザート?
甘くてプチプチして見た目よりずっと美味しかったです。

c0125702_17484950.jpg




c0125702_17502917.jpg




台湾名物の臭豆腐

c0125702_17505149.jpg




ゴマ豆腐のあおさスープ

c0125702_17515628.jpg




春天素食の特長はワゴンサービス

熱々のポットパイをいただきました。


c0125702_1753880.jpg




これも熱々のクワイ(?)

c0125702_17543912.jpg




冷たいジュースもワゴンでサービスされます

c0125702_17552138.jpg




c0125702_17555483.jpg




料理は100種類以上ありそうです。

とても食べきれません(当たり前です!!)


c0125702_1757535.jpg


点心も充実していましたが、お腹がいっぱいで食べられません


c0125702_1758183.jpg




c0125702_17593170.jpg




c0125702_1759538.jpg



美味しそうです


c0125702_180274.jpg




黒米のデザートですが・・残念(お腹がいっぱい)

c0125702_182226.jpg




タマゴを使わないケーキやプリンやアイスクリームもたくさんありましたが、デザートが入る余裕はありませんでしたので、写真だけ。


c0125702_183485.jpg




c0125702_1842415.jpg




c0125702_1844451.jpg




c0125702_1851025.jpg





c0125702_1855813.jpg




とても紹介しきれません・・・・



出口にはオーガニック野菜や食材が並んでいます。

日本より安めですが、それなりのお値段です。


c0125702_1893011.jpg




c0125702_1810847.jpg




c0125702_1814998.jpg



エミリーさんとお店を出るときにいつも言ってしまいます。



「日本のオーガニックレストランや自然食カフェは高いね!」


「また、台湾に素食を食べに来よう」


まだ素食ツアーは始まったばかりですが(笑)
by chiwakomacrobi | 2011-06-17 18:15 |

台湾素食旅行①

13日から4日間、台湾に行って来ました。

c0125702_2257686.jpg




台北の街は行くたびに、どんどんきれいに、おしゃれになっています。

空港のシンボルは陰陽マーク


c0125702_22585293.jpg




台湾の人はいつも親切であたたかく、食事に関してはベジタリアンのパラダイス!!

街中に、普通に素食(=ベジタリアン)のお店があり、ほんとにいいところです。


c0125702_22593333.jpg



今回、初めて行ったお店です。


c0125702_2355356.jpg





台湾では10%くらいの人がベジタリアンで、素食のお店でなくても、素食対応のメニューがあり、ベジタリアンには暮らしやすいところのようです。



c0125702_2375970.jpg


 



ただし、素食とはいっても、あくまで動物性のものを使っていないというだけで、
油や砂糖、化学調味料などを使っている食材やお店もあるようです(要注意)




街のスーパーマーケットにも素食の食材コーナーがあります。


c0125702_23204860.jpg




牛肉も鶏肉も魚もカマボコも・・・みんなベジ素材で作られています。



c0125702_23212742.jpg






高級店の素食はオーガニック野菜を使い、伝統的な調味料だけで作っていますので、安心ですが


食べ過ぎ注意!!(笑)



c0125702_23192815.jpg



オーガニック食材店もたくさんありました。

「食の安全=健康」の考え方があるようです。




c0125702_23151549.jpg




c0125702_23154567.jpg





c0125702_23162126.jpg





次回は素食の料理をご紹介をしたいと思います。
by chiwakomacrobi | 2011-06-16 23:22 |


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧