<   2013年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ラザニアやサンドウィッチ・パーティメニュー

今日の未来食の講義は望診法の続きです。


目、耳、鼻など


お手当法は「風邪の予防と対処のしかた」




実習は人参の選び方、栄養、使い方や調理の仕方です。

ラザニアのソースを人参とビーツで作り、キャロットサラダやキャロットスープを作りました。



ラザニア
人参とビーツのソース&豆腐のホワイトソース&餅チーズ



c0125702_23443565.jpg




c0125702_2345921.jpg






ベジタマゴサンドイッチ
豆腐マヨネーズ添え




木綿豆腐とコーンとターメリックで作った「いりたまご」


c0125702_23454752.jpg






豆腐マヨネーズで和えてパンにのせました。


c0125702_2348437.jpg







セイタンライスバーガー



玄米ご飯のハンバーグとアルファルファ


c0125702_23501220.jpg






テンペルーベン



まず、ライ麦とナッツのパンを焼きました。


c0125702_23532753.jpg





テンペにキャベツとザワークラウトと玄米餅を乗せました。

c0125702_23513563.jpg






サンドウィッチ3種が出来上がり、丁寧に盛りつけます。


c0125702_23594518.jpg



キャロットスープ・カプチーノ仕立て

c0125702_23542517.jpg






人参とレーズンの塩麹サラダ

c0125702_23553289.jpg







穀物コーヒーと甘酒のドリンク

濃厚で甘いエスプレッソのようです。

c0125702_2356594.jpg





どのお料理も美しく美味しく出来上がりました。


c0125702_2357415.jpg





c0125702_23585565.jpg





素敵なランチプレートです。


c0125702_021014.jpg





未来食クラスもあとわずかで卒業です。

卒業記念パーティーの準備に取りかかります。
by chiwakomacrobi | 2013-01-27 23:42 | 未来食1期2期

玄米の甘酒造り

玄米のお粥を炊いて、お米を発酵させた麹と混ぜてしばらくおくと・・・・


甘~~い甘酒になるのは不思議です。



玄米もち米を3倍の水加減で炊きました。

c0125702_20404478.jpg




炊きあがったお粥を少し冷まして、麹を振りかけます。


c0125702_20425244.jpg







麹はお米を蒸して、麹菌をふりかけるとできるそうですが、

今回は麹屋さんの物を使いました。



c0125702_20305940.jpg





お米が麹菌の力で「米麹」になるとお米の時の成分より、ビタミンやアミノ酸がかなり増え、消化も良くなります。


甘酒が美味しくて甘いのは微生物のおかげです。






甘い甘酒を造るには、60度くらいが適温のようです。

c0125702_20395859.jpg




c0125702_20515089.jpg




お米だけでお酒やお酢もできます。


お塩を加えれば塩麹、豆を加えれば醤油や味噌が造れます。






発酵は神秘的な不思議な現象。

昔から日本人は微生物と仲良しで、知恵を使ってさまざまな発酵食品に変化させました。

微生物さんに感謝です!!






今日造った甘酒は、明日の未来食の講座で使います。


どうぞお楽しみに!
by chiwakomacrobi | 2013-01-26 20:55 | 料理

伊藤予應さん出版記念会

昨夜は伊藤予應さんの出版記念のパーティーに出席しました。


c0125702_2014114.jpg



「伊藤予應さん」は6期卒のあけみちゃんのご主人の「伊藤ちゃん」です。



出版おめでとうございます!!


頑張って読んでみます。


c0125702_2044747.jpg






お仲間の交流会も兼ねていたので、大いに盛り上がり、伊藤ちゃんも踊ってました。


c0125702_20134646.jpg





場所は取手駅前のイタリアンのお店、蒸し野菜が美味しかったです。



c0125702_20152914.jpg





c0125702_20165783.jpg





二次会は熱かったです。

若者に混じって、取手の未来を語り合い、外が寒いのも、夜が更けるのも忘れました。


自分の住んでいる町を良くしよう!と本気で思っている方々に出会えてうれしかったです。


皆様、ありがとうございました!!



伊藤ちゃん、あけみちゃん、これからも仲良く頑張ってね。
by chiwakomacrobi | 2013-01-23 20:26 | 日常の出来事

自力整体とマクロビオティック 1回目

日曜日の朝、10時から、自力整体とマクロビオティックのコラボレーション企画、全4回の1回目の講座を行いました。



テーマは

「日々の緊張から解き放たれた瞬間を味わってみませんか?」



今までにないユニークな講座です!!



自力整体で心も身体もゆるめてリラックスし、その後は、デモンストレーション形式でマクロビオティック料理をご紹介しました。



年末にインドに修行に行かれ、先日帰って来られたようらん先生の体験談から始まりました。


c0125702_2327552.jpg




・自力整体とは?

・経絡(気の道)のつまりを解消しよう

・気の道を通し、気の道を流す

・整食、マクロビオティックと自力整体の相乗効果について

・簡単で安全な断食のやり方




c0125702_23282856.jpg






c0125702_23285833.jpg







ランチプレート&スイーツ&お茶を召し上がっていただきました。

今回はデトックスに効果のあるランチプレートです


c0125702_23295680.jpg



年末、年始の食べ過ぎ飲み過ぎ・・・
体内に溜まった余分なエネルギーを排出しましょう


① 薬膳玄米粥

c0125702_23302969.jpg







② きのこと切り干し大根の塩麹を使ったみぞれ和え

c0125702_23305750.jpg







③ こんにゃくとごぼうの胡麻味噌煮


c0125702_23312425.jpg







④ 小豆と甘酒寒天と苺のデザート


c0125702_23322961.jpg







⑤ 黒炒り玄米茶


c0125702_23332093.jpg





c0125702_23325521.jpg






c0125702_23335433.jpg






c0125702_23342749.jpg





参加された10名の方から感想をいただきました

・首や肩の緊張がひどかったのですが、とても楽になりました。

・丁寧にゆっくり作るお料理をいただき原点に戻れました。

・マクロビオティックは初めてのお料理でしたが、美味しかったので家で作ってみたいです。

・身体が温まり、冷え症が良くなったので、次回からも楽しみです。

・自力整体とマクロがとても美しく絡み合っていて有意義でした。

・自分の身体と向き合って、心も身体もほぐしていきたいです。

・どのお料理も美味しかったです。

・元気にキレイになれる気がします。

・自力整体と食事のバランスが良くて楽しいかったです。

・来月のマラソン大会には、いつもより楽に走れそうです。


などなど・・・・


皆様に喜んでいただきスタッフ一同うれしくて
感謝!感謝!です。


ありがとうございました。



2回目、3回目、4回目とこれから楽しみですね!!



よろしくお願いいたします。









by chiwakomacrobi | 2013-01-21 23:47 | 講演会・勉強会

妖怪人間ベムを見た!

たまたま見た映画が「妖怪人間ベム」でした。


映画はいつも1000円!

レディースDay、映画の日に関係なくいつでも1000円!

なので、正直、何を見てもうれしいのですが・・・・



「妖怪人間ベム」アニメもテレビ版も見たことがなかったので、ちょっと??でしたが、
ベム、ベラ、ベロの三人がとても魅力的な映画でした。




c0125702_1936546.png





映画の冒頭のバスジャック事件や人工的に作り出される生命体、新薬の副作用、などなど現代の社会問題が次々と浮き彫りになります。



正義と悪、愛と憎しみ、美しさと醜さ、日常と非日常・・・


人間の持っている矛盾性がテーマの深~~い映画でした。





c0125702_19435047.jpg





途中、ちょっと眠くなったけれども、なによりも、カメナシ君がカッコイイ、アンさんはキレイ、フクちゃんはいつものフクちゃんでカワイイ!!



音楽も良かったし、プレミアシートで見れたし、シニア 最高です。
by chiwakomacrobi | 2013-01-18 19:51 | 映画

雪の日の玄米小豆粥

今日は1月15日「小豆粥」の日です。


昔からこの日に小豆粥を食べると邪気が払えと言われ、平安時代から伝わっている風習のようです。



マクロビオティックでは、玄米で作る小豆粥は食養料理の定番で「おめでとう」といわれています。


c0125702_21354993.jpg




どんな病人さんでも玄米の小豆粥を食べるとドンドン良くなっていくので、「おめでとう!!」と桜澤先生が名付けられました。




ちょうど、お正月の食べ過ぎ飲み過ぎで胃腸が疲れ、風邪を引いたりする頃ですね。


ゴマ塩をかけていただいたら完璧です

c0125702_21362779.jpg



玄米の小豆粥のレシピは今日のメルマガ(No114  1月15日号)に載っています。



千和子マクロビオテッククッキングスクールホームページ

のメルマガ登録をクリックしていただくと簡単に無料で登録できます。


毎月2回発行、毎回レシピ付きです。






ところで、昨日の雪はどか雪でした。

取手は10センチ以上は積もりました。


c0125702_2138734.jpg




朝、起きたらスキー場のようでした。



c0125702_21443277.jpg



雪かき用の「ママさんタンプ??」が途中から大活躍しましたが、

はじめは扱い方がわからずに持ち上げていたので・・・・重くて重くて大変でした。




c0125702_21404681.jpg




雪かき数時間、やっと車庫から車が出せましたが・・・


慣れない雪かきは疲れました。


感想:「雪は重い!!」「腰が痛い!」


雪国の方のご苦労がわかりました。




スタッドレスタイヤを履いていても道路が凍っているので怖い!!

道路には放置車両・・・






パンジーの上にも雪が積もりつぶれてしまいそうです。


c0125702_21482663.jpg





c0125702_21554444.jpg






c0125702_21485399.jpg







c0125702_21491598.jpg





路肩も雪でイッパイ、道路も凍っています。


出かけるのはやめました。
by chiwakomacrobi | 2013-01-15 21:55 | 料理

春のタルトとケークサレ

2013年の未来食クラスが始まりました。

新年を迎え、新たなる希望に満ち、どのお顔も輝いています。

元気でお会いできた事に感謝です。


今年も楽しい一年になりそうですね!



楽しく語り合い、美味しい美しいお料理を作りましょう。

よろしくお願いいたします!!




今回の調理実習のテーマは「玉ねぎ」


玉ねぎはマクロビオティックの料理には欠かせない野菜で、エネルギーを調和させる丸い形をしています。

種を蒔き、収穫するまでには9ヶ月もかかる野菜で、長期保存もできます。


調理の仕方によって、成分が変わるので、さまざまな薬効が期待できますので、生でサラダ、ウォーターソテーでスープ、オーブンで焼いてケーキの具に、玄米と炊き込みに、丸のまま煮込み料理にと色々な調理法を試しました。



デザートは春野菜のケークサレといちごのタルトです。


玉ねぎとテンペの煮込み葛ソース


c0125702_204675.jpg






玉ねぎと蓮根の炊き込みピラフ

c0125702_20463794.jpg







オニオンスープ白味噌仕立て

c0125702_204721.jpg







マカロニのサラダ・梅と玉ねぎのタヒニドレッシング

c0125702_20473146.jpg







ウォールナッツのスパイラルパスタ

c0125702_2048815.jpg







玉ねぎと春野菜のケーク・サレ

c0125702_20483942.jpg





c0125702_2049452.jpg






いちごのタルト

c0125702_20492956.jpg







フレッシュアップルティ


c0125702_20495562.jpg







c0125702_20501962.jpg







今日も美味しくて美しい春のテーブルになりました。

c0125702_20412961.jpg




久しぶりにみんなで歌いました♪♪

♪よくかめよ♪
by chiwakomacrobi | 2013-01-14 20:52 | 未来食1期2期

どんど焼き

今日は取手のどんど焼きの日です。



c0125702_21342964.jpg





利根川の河原でしめ飾りや松飾りを焼き、その火で竹の先に付けたお餅を焼いて食べる行事です。



お餅は福餅と言われ、紅白のお餅です。


c0125702_2135712.jpg





一年間の無病息災を祈る伝統的な行事ですが、放射能の拡散を心配する声も上がっていたようですが、


人の思いには関係なく、川は静かに流れ、夕日は美しかった!!



c0125702_21364018.jpg

by chiwakomacrobi | 2013-01-12 21:36 | 風景

鏡開きでお汁粉

1月11日は鏡開きの日です。


お正月にお供えした鏡餅を下げて、お汁粉にしました。

圧力鍋を使うと、あっと言うまに小豆が炊けます。


ぜんざいやお汁粉やあんころ餅などを気軽に作ってみましょう。




小豆・・・1カップ(洗ってザルに上げる)

3×5センチの昆布・・・1枚(細かく切ります)

水・・・3カップ


c0125702_21311849.jpg






材料を圧力鍋に入れて中火で加熱し、圧力がかかったら弱火にして加熱します。

火を止めて圧が抜けるまで放置します。


蓋を開けて塩を小さじ1/2加えて、お好みの濃さになるまで水を加えて、木べらで混ぜながら5分くらい加熱します。


お好みで甘味(米あめ、メープルシロップ、羅漢果、アガペシロップなど)を加えます。




お椀に焼いた餅を入れ、小豆をかけていただきます。


c0125702_21321728.jpg






今日は、昆布と椎茸で佃煮を作り添えました。

c0125702_21324376.jpg







神様にお供えしたしたお餅には、包丁で切らずに、叩いて割ってお雑煮やお汁粉などで食べます。



お供えしたお餅には霊力が宿ると言われていますので、ありがたくいただきましょう。


切るという言葉は使わずに(叩いて)開くと、運が開くにつながります。


日本の伝統の行事は言霊を大切にしていますね。
by chiwakomacrobi | 2013-01-11 21:32 | 料理

プラチナ世代の男性料理教室

昨年のつくばみらい市での講座が広報誌

「Let's つくばみらい 1月号」で紹介されました。



「プラチナ世代発信!男性料理教室」

というユニークな企画でした。




そこで、マクロビオティックが初体験という男性方に興味を持っていただけるようにいろいろと考え、玄米を土鍋、圧力鍋、電機炊飯器と3つの方法で炊き分けて食べ比べして、ボリュームのある豆腐ステーキをおかずに作りました。




c0125702_19193193.jpg




皆さん、とても考え方が柔軟で動きも素早くて、料理することにも熱心で楽しかったです。



c0125702_1919055.jpg







今年は「つくばみらい市 給食ボランティア」の方々の勉強会の講師もさせていただくことになりました。

素敵な方々と一緒にお料理ができそうで、今から楽しみです。

担当のT さん、今年もよろしくお願いいたします!




プラチナ世代とは?

〈Let's つくばみらい〉にはこんな風に紹介されています。

渡辺淳一さんのエッセイから出た言葉で、シルバーほど地味ではなく、色あせずに元気でアクティブに輝き続ける高齢者という意味だそうです。
by chiwakomacrobi | 2013-01-08 19:30 | 講演会・勉強会


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧