<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寒さに向う季節の献立

今年は急に寒くなりそうです。

未来食クラスでは「晩秋から冬の献立」を考えてみました。


c0125702_20534415.jpg



寒い日に冷たい飲み物を飲んだり、果物を食べたりすると急に身体が冷えて咳が出たり、ぞくぞくと寒くなった経験はありませんか?

食物や調理法法がエネルギーの循環に合っていないと、さまざまなトラブルが起きやすくなりますので、陰陽五行のエネルギーの流れに添った食事をすることは、健康を維持するためにとても重要なことです。



と言うことで、今回は水(冬)のエネルギーです。


冬は腎臓や膀胱や内分泌系に影響がでる季節です。


調理のコツは、長期熟成の黒い味噌(豆味噌や麦味噌)を使い、他の季節より少し塩辛い味(鹹味)にします。

食材は穀類では蕎麦や蕎麦粉、蕎麦の実、豆はあずき、黒豆など、野菜はじねんじょ、ごぼう、にじん、れんこんなどの根菜類を使います。


高野豆腐、セイタン(小麦タンパク)などのタンパク質も他の季節より多めに摂りましょう。


調理は水気を少なく、油を多め、味は濃いめで長時間調理(煮しめ、ソテー)、オーブンで焼く(ベイクド)、漬け物やマリネも長時間漬けるといったことがポイントです。




〈今回の調理実習〉

おはぎ3種(小豆、きな粉、とろろ昆布)

玄米と玄米のもち米を1:1で炊き、すりこぎで半搗きにして丸めます。


小豆はレーズンと玄米飴で甘味をつけました。



c0125702_19594451.jpg








揚げそばがき汁

蕎麦掻きをごま油で揚げ葛餡をかけて、たっぷりの大根おろしをのせます。

c0125702_20543455.jpg








いが栗揚げ

いが栗の中身は南瓜と玉ねぎです。
夏の残りの素麺を付けて油で揚げるとご馳走です。


c0125702_2058499.jpg







こんにゃくの味噌煮

こんにゃくは塩もみしてから茹でてアクを抜き、ごま油で焼いてから出し汁で煮てから豆味噌を絡めます。


c0125702_211796.jpg








焼き蕎麦


中華麺ではなくて日本蕎麦の焼き蕎麦はお醤油味が合います。


c0125702_21233.jpg







ひじきの白和えクコの実添え

衣は木綿豆腐と白胡麻をすり合わせます。


c0125702_2152293.jpg







栗蒸し羊羹


栗を茹で、炊いた小豆と地粉と塩と米飴を合わせて蒸します。


c0125702_2173250.jpg





c0125702_218785.jpg








大学芋

紅はるかを使った最高級の大学芋です。


c0125702_2110982.jpg








食欲の秋にふさわしい色彩です。

美味しいお料理がたくさんできました。




いただきま~~す!!


c0125702_2112684.jpg

by chiwakomacrobi | 2013-10-30 20:00 | 未来食1期2期

電話とFAXの番号が変わりました

本日(10月24日)より、ご連絡やお問い合わせの電話番号が変わりました。

c0125702_10523158.jpg




チワコマクロビオティッククッキングスクール


TEL:0297-72-4477

FAX:0297-72-4477



電話もFAXも同じ番号です。




・おせち料理のお申込みが始まっています。

・未来食コースもまもなくお申込みが始まります。



c0125702_10532180.jpg




どうぞ、よろしくお願いいたします。
by chiwakomacrobi | 2013-10-24 10:56 | 日常の出来事

おせち料理のお申込みが始まりました。

台風一過、涼やかな秋空が広がっています。

早いもので、もう10月半ばです。
今年も「おせち講座」のお申込みを開始いたしました。


常連の方々にも初心者の方々にも喜んでいただけるように、より美味しく、より美しく作れるようにと、レシピもリニューアルいたしました。



オーガニック野菜や伝統的な製法の調味料を使い、白砂糖、三温糖、甜菜糖も使わずに作ります。

もちろん肉や魚を使わない精進おせち料理です。





昨年の一例です

c0125702_15243718.jpg






c0125702_15245840.jpg







今年は、年末は忙しいので、「おせちは欲しいが講座には出られない」という方に、
「お持ち帰り用おせち」をご用意いたします。


限定10個です!





おせちは豪華な二段重箱に詰め合わせます。

c0125702_15252826.jpg






お雑煮用として新潟のアフコさんのモチ玄米の切り餅をお持ち帰りいただきます。

c0125702_1527565.jpg






漢方の屠蘇散
(特別に調合していただく生薬です。純米酒+みりんに漬け込みお屠蘇にします)



祝い箸を5膳とお持ち帰り用風呂敷をご用意します。



これでお正月の準備がすかっりそろいますね。



詳しくは下をクリックしてください。


千和子マクロビオティッククッキング
スクールHP






講座を受講される方はデモストと実習があります。
(全品 レシピ付き)


c0125702_15354573.jpg




c0125702_15361189.jpg





c0125702_153638100.jpg





c0125702_15365945.jpg





c0125702_15372961.jpg






出来上がった物は、ご自分で詰めて持ち帰れます。

当日は軽食として、無農薬玄米餅入りのお汁粉をご用意いたします。

c0125702_15344838.jpg




c0125702_15351850.jpg




お献立
・金柑の甘露煮 
・松葉ぎんなん 
・伊達巻き 
・冬菇の鮑もどき 
・ごぼうの梅煮の昆布巻き 
・黒豆のワイン煮
・テンペと野菜のマリネ 
・根菜類の煮しめ
・こんにゃくの味噌煮 
・蓮根とグルテンの照焼き団子
・梅花人参のグラッセ 
・蓮根と大根の紅梅酢染め
・きぬさやの塩茹 
・ソイミートのから揚げの中華甘酢あん
・柿なます 
・紅はるかと林檎のきんとん 


・玄米餅入りお汁粉 

 ※材料等により変更になる場合もございますので、ご了承ください。



①12月30日(月)10:00~13:00 (15名)

②12月31日(火)10:00~13:00 (15名)

※①②は同じ内容です




お重や材料のご用意の関係で

お申し込み締め切りは12月 8日(日)24時までとさせていただきます。

定員オーバーした場合はキャンセル待ちとなりますので、ご了承ください。





※お持ち帰りおせち(講座受講なし)は、教室まで受け取りに来られる方に限らせていただきます。


お受け取りの時間
12月31日(月)15:00~18:00


c0125702_15383537.jpg






お問い合わせやお申し込みはホームページ「 お申し込み よりお願いいたします。






例年、好評のおせち料理講座です。

作日、メルマガでお知らせいたしましたので、早速のお申込みをいただきました。

ありがとうございました!



先着順となりますので、お早めにお申し込みくださいませ。


たくさんのお申込みをお待ちしております。



c0125702_1612479.jpg




新しい年をマクロビオティックのおせち料理でお迎えしましょう!!
by chiwakomacrobi | 2013-10-15 21:25 | 講演会・勉強会

冬に向かって

気温の変化が激しい季節ですが、未来食クラスはとても元気です。

今回は五行の最終回「水」です。

浮遊のエネルギー、季節に当てはめると冬、腎臓や膀胱に関係します。

食材は高野豆腐、セイタンなどのタンパク質を少し多めに、蕎麦の実や小豆も食べましょう。

野菜は根菜類、自然薯やゴボウ、レンコン、ニンジンなど。

昆布の佃煮など、しっかり煮しめたり味つけも濃くして鹹味(塩辛さ)を採ります。



寒くなる程、長時間煮るシチューや煮しめなどを食べ、漬物も古漬けを食べましょう。

サラダや生野菜は体を冷やしますので、冬は食べません。




今回は冬の献立です。

c0125702_21533889.jpg








調理実習


栗おこわ



栗は渋皮を付けたまま、玄米1:玄米もち米2の割合で炊き込みました。

渋くなく、甘いですよ。


c0125702_21272055.jpg






玄米の稲荷寿司


油揚げとレーズンを煮ます。
土鍋で炊いた玄米ご飯に柚酢と梅酢で味を付け、レーズンを刻んで混ぜました。



c0125702_21313442.jpg








ふろふき大根の梅味噌添え


昆布と椎茸の出汁で煮た大根は冬の定番です。
この煮汁は腎臓に溜まったものを排出してくれます。

梅干しと味噌と米あめで練り味噌を作りました。


c0125702_21353049.jpg







舞茸の牡蛎フライもどき

大和芋と海苔と青海苔で海の香りになります。

本物の牡蛎フライより美味しい!


c0125702_21385555.jpg








蓮根と大根の梅酢漬け

さっと茹でた蓮根と紅大根のお漬物です。

柚子を加えて冬のお味になりました。


c0125702_2144837.jpg








小松菜と人参の粒マスタード和え


小松菜はカルシウムが豊富な葉野菜です。



c0125702_21463669.jpg








根菜類の味噌汁

ゴボウ、ニンジン、大根、大根の葉で作った味噌汁は体が温まります。



c0125702_2141447.jpg









かぼちゃとサツマイモのさざれ石

蒸したかぼちゃとサツマイモに葛をかけた素朴なおやつです。


c0125702_21492940.jpg









かぼちゃとサツマイモの皮のかき揚げ


c0125702_21513781.jpg







美味しく美しく出来上がりました。

「いただきます」



c0125702_215619.jpg





まだまだ天候不順な日々が続きそうです。

お食事で体調を調整しながら、元気に楽しく暮らしましょう!
by chiwakomacrobi | 2013-10-14 21:59 | 未来食1期2期

桜川市食改の会

茨城県のほぼ真ん中にある桜川市にくーちゃんと二人で行ってきました。

今回は「食生活改善」のボランティアグループの方への講演とマクロビオテックの調理実習と試食会をさせていただきました。


c0125702_2335114.jpg


「私達の健康は私達の手で」


お揃いのTシャツがカッコイイですね!



食改のメンバーは桜川市だけでも150名以上!!
妊婦、乳幼児、病人、高齢者への食事指導などの活動をされているそうです。



今回は地域のリーダーさんと一緒に「放射能に負けない食生活」のお話しと「マクロビオテック」の調理実習をしました。


皆さんとても熱心です!

c0125702_22424029.jpg





梅干し漬け、糠味噌、押し漬け、三五八漬けなどさまざまな自家製漬け物を持って来ていただきました。






c0125702_22463967.jpg






c0125702_22431712.jpg





玄米を土鍋と圧力鍋で炊き分け、切り干し大根の煮物、ひじき蓮根、甘い野菜の味噌汁、リンゴとドライフルーツのコンポートを作りました。

会長さんが持って来て振舞ってくださった新米が美味しかったです!!




c0125702_22491751.jpg






市の職員の方々も一緒に試食されました。

お砂糖の入らない煮物や、玄米に少々驚かれたようです。



c0125702_22502311.jpg







茨城県は昔から「出雲」や「伊勢」と同じように「常陸(ひたち)」と言われてきました。

常陸とは土地が広くて良く肥えているので作物が摂れ、海の幸に恵まれた豊かな楽園。
すなわち常世(とこよ)の国という意味だそうです。



今では・・・・・好感度ワースト1位・・・(泣)
と、報道されて悲しいですね。




とにかく、茨城県は豊かな農産物があるのですから、『身土不二』できます。



これからも「食改」一緒に頑張りましょう!!



「食改」の方々の思いと実行力は素晴らしかったです。
感激と感謝の一日でした。




企画や準備をしてくださった桜川市生活安全課の課長さんや担当のOさん、「食改」の会長さんありがとうございました!!
by chiwakomacrobi | 2013-10-05 23:02 | 講演会・勉強会


台所から健康と平和を!


by chiwakomacrobi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
未来食3期
未来食1期2期
インストラクタークラス
講演会・勉強会
KIIX1~5期
KIIX6期
KIIX7期
KIIX8期
KIIX9期
KIIX10期
ベーシッククラス
KIIX卒業生
料理
紫峰の森・ピース&ヘルス

日常の出来事
わんにゃんスタッフ
風景
映画

未分類

スクールの仲間達

お気に入りブログ

紅い櫨の庵・松永ママのBLOG
ミレットおばさんのマクロ...
百笑通信 ブログ版
ごきげんシンさんの ni...
安曇野ナチュラル・スローライフ
la mesa sole...
Brown Mounta...
Love & Peace

以前の記事

2016年 01月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
料理家

画像一覧